ウィンケンチウス[レラン](英語表記)Vincentius Lerinensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィンケンチウス[レラン]
Vincentius Lerinensis

[生]400頃
[没]450頃
ガリアの神学者,聖人。フランス,レラン大修道院の修道士。アウグスチヌスに多くの点で共鳴しつつもその恩恵説を批判,聖書こそキリスト教真理の最終的根拠であり,教会の役割はその正しい解釈を与えることにあるとした。これを「ウィンケンチウスの規準」という。半ペラギウス派に属す (→ペラギウス説 ) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android