ウィンケンチウス[レラン](英語表記)Vincentius Lerinensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィンケンチウス[レラン]
Vincentius Lerinensis

[生]400頃
[没]450頃
ガリアの神学者,聖人。フランス,レラン大修道院の修道士。アウグスチヌスに多くの点で共鳴しつつもその恩恵説を批判,聖書こそキリスト教真理の最終的根拠であり,教会の役割はその正しい解釈を与えることにあるとした。これを「ウィンケンチウスの規準」という。半ペラギウス派に属す (→ペラギウス説 ) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android