ウィンケンチウス[レラン](英語表記)Vincentius Lerinensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィンケンチウス[レラン]
Vincentius Lerinensis

[生]400頃
[没]450頃
ガリアの神学者,聖人。フランス,レラン大修道院の修道士。アウグスチヌスに多くの点で共鳴しつつもその恩恵説を批判,聖書こそキリスト教真理の最終的根拠であり,教会の役割はその正しい解釈を与えることにあるとした。これを「ウィンケンチウスの規準」という。半ペラギウス派に属す (→ペラギウス説 ) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android