ウィンド・ケーブ国立公園(読み)ウィンドケーブこくりつこうえん(英語表記)Wind Cave National Park

世界大百科事典 第2版の解説

ウィンドケーブこくりつこうえん【ウィンド・ケーブ国立公園 Wind Cave National Park】

アメリカ合衆国サウス・ダコタ州南西部,ブラック・ヒルズ山地中の国立公園。1903年制定。面積110km2。中心はウィンド・ケーブ(風穴)と呼ばれる鍾乳洞で,空気圧の差によって音を伴って風が出入りする。1881年にカウボーイによって発見され,今日まで約17kmが探検ずみである。特に方解石の珍しい結晶で有名である。地表は丘陵性の草原で,バイソン,シカ,アンテロープなどの野生動物に富む。【矢ヶ崎 典隆】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android