コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィンド・ケーブ国立公園 ウィンドケーブこくりつこうえん Wind Cave National Park

1件 の用語解説(ウィンド・ケーブ国立公園の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウィンドケーブこくりつこうえん【ウィンド・ケーブ国立公園 Wind Cave National Park】

アメリカ合衆国サウスダコタ州南西部,ブラック・ヒルズ山地中の国立公園。1903年制定。面積110km2。中心はウィンド・ケーブ(風穴)と呼ばれる鍾乳洞で,空気圧の差によって音を伴って風が出入りする。1881年にカウボーイによって発見され,今日まで約17kmが探検ずみである。特に方解石の珍しい結晶で有名である。地表は丘陵性の草原で,バイソン,シカ,アンテロープなどの野生動物に富む。【矢ヶ崎 典隆】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウィンド・ケーブ国立公園の関連キーワードアングロアメリカ北アメリカアメリカン合衆国サウスカロライナサウスダコタネバダネブラスカノースダコタ亜米利加

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone