ウィンド・ケーブ国立公園(読み)ウィンドケーブこくりつこうえん(英語表記)Wind Cave National Park

世界大百科事典 第2版の解説

ウィンドケーブこくりつこうえん【ウィンド・ケーブ国立公園 Wind Cave National Park】

アメリカ合衆国サウス・ダコタ州南西部,ブラック・ヒルズ山地中の国立公園。1903年制定。面積110km2。中心はウィンド・ケーブ(風穴)と呼ばれる鍾乳洞で,空気圧の差によって音を伴って風が出入りする。1881年にカウボーイによって発見され,今日まで約17kmが探検ずみである。特に方解石の珍しい結晶で有名である。地表は丘陵性の草原で,バイソン,シカ,アンテロープなどの野生動物に富む。【矢ヶ崎 典隆】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android