コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイソン Bison; bison

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バイソン
Bison; bison

偶蹄目ウシ科バイソン属の野生ウシの総称北アメリカにすむアメリカバイソンとヨーロッパにすむヨーロッパバイソンの2種から成る。体高 2m内外で,頭部,頸,肩,前肢の部分に長くてあらい黒褐色の毛が密生する。角は雌雄ともあり,短くて上方に曲る。両種とも乱獲,自然開発などにより急激にその数が減少し,現在厳重に保護されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

バイソン(bison)

ウシ科バイソン属の哺乳類の総称。大形の野牛で、肩高1.5~1.8メートル。体は暗褐色で、肩が盛り上がり頭は巨大。角は雌雄にあり、さほど大きくない。ヨーロッパバイソンと、これよりやや大形でバッファローともよばれるアメリカバイソンとの2種があるが、いずれも乱獲で減少したため保護されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

バイソン

バッファロー(アメリカで),ヤギュウ(野牛)とも。偶蹄(ぐうてい)目ウシ科バイソン属の哺乳(ほにゅう)類2種の総称。大型の野生のウシで,肩から頸(くび)にかけてこぶ状の隆起があり,頸や肩の毛が長い。
→関連項目アメリカ・インディアンプレーリーヤギュウ(野牛)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バイソン【bison】

前半身がよく発達し,長毛を密生した野生ウシ。偶蹄目ウシ科の哺乳類。ヨーロッパバイソンBison bonasusとアメリカバイソンB.bison(イラスト)の2種がある。体長210~350cm,尾長50~60cm。ヨーロッパバイソンは,大型で後半身が比較的よく発達し,角は細長く,額は幅広く扁平で,頭,首および胸に長毛があるが,耳は毛の外に突き出ている。毛は褐色。肩高1.8~1.95m,体重600~1000kgに達する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

バイソン【bison】

長毛におおわれた大形の野生ウシ。アメリカ-バイソンとヨーロッパ-バイソンの2種がある。前者はバッファローとも呼ばれ、黒褐色で前半身が発達し、肩高1.8メートルに達する。後者は褐色で後半身も比較的発達し、肩高1.9メートルほど。いずれも曲がった角をもつ。両種とも二〇世紀初頭までに野生種はほぼ絶滅し、現在は保護下にあるものしかいない。 → 野牛

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バイソン
ばいそん
bison

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目ウシ科バイソン属に含まれる動物の総称。ヤギュウ(野牛)ともいう。この属Bisonには、アメリカバイソンB. bisonおよびヨーロッパバイソンB. bonasusの2種がある。前者は北アメリカの草原地帯に分布し、バッファローの名でよばれることも多い。後者は東ヨーロッパの森林地帯にすむ。体形は両種とも類似しているが、前者がやや大きい。頭部が大きく、背中から肩の部分が隆起している。肩高で1.5~1.8メートル、体長2.7メートル、尾長50~60センチメートル、体重は1000キログラムに達する。角(つの)は雌雄ともにあるが、体に比較して短く円筒形で、内方に湾曲する。体毛は暗褐色で、前躯(ぜんく)に多くて長く、後躯では短く少なくなる。食性は、前者が草原にすみ草本類の植物を主食するのに対し、後者は森林にすみ草本類のほか樹葉、樹皮、木の芽などを好食する。交尾期は8~9月ごろで、267~285日の妊娠期間を経て、翌年の春から初夏にかけて出産する。1産1子。生まれた子は体長90センチメートル、体重20キログラムほどで、生後1時間ほどで起立し、3時間ほどで哺乳をする。子はやや淡色で、毛が密である。
 19世紀初期、アメリカバイソンは北アメリカ全土に数千万頭という膨大な生息数を誇っていたが、乱獲と生息地の開発によって激減し、1889年にはわずかに541頭を残すのみとなった。しかし、その後の保護策によって、現在では数万頭に回復している。ヨーロッパバイソンも、かつては北ヨーロッパからカフカスの森林まで広く分布していたが、1921年にはついに野生のものは絶滅し、動物園や公園に飼育されているものを残すのみとなった。しかし、国際的な保護活動の結果、増殖に成功し、現在では野生復帰の試みもなされている。両種とも、わが国の動物園で飼育繁殖例がある。寿命は20~30年である。[中川志郎]

民俗

北アメリカの大草原地域、森林地域の先住民にとって、毛皮と食肉で衣食住すべてにわたる供給を支えたがゆえに、バイソンはしばしば信仰や儀礼の対象になった。雨と結び付いていることが多く、ショーニー人は、バイソンの尾を少し水につけ、静かに揺すって雨を祈る。ノース・ダコタのヒダツァ人は、バイソンの頭蓋骨(ずがいこつ)を祭壇に置き、食物を供えて雨乞(あまご)いをした。また、アパッチ人やカイオワ人などでは、バイソンとバイソンの老女は、よく知られた神話の人物である。バイソンの生息地域に分布するコヨーテとキノボリヤマアラシのトリックスター(ずる賢い者)物語では、バイソンは愚かな動物として語られている。[小島瓔

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のバイソンの言及

【アメリカ・インディアン】より

…この地域の大部分は草原におおわれ,河川沿いには混合林が生育している。そして,バイソンが最も特徴的な大型動物であった。 この領域のおもな原住民はクロー族シャイアン族,カイオワ族などであるが,伝統的には河岸段丘の上で小規模な農耕を行い,季節的には野生植物の採集を行った。…

【遺存種】より

…ふつう沖縄本島のヤンバルクイナや西表(いりおもて)島のイリオモテヤマネコのように,島に孤立化している地理的に分布の狭いものが例にあげられているが,いろいろなカテゴリーのものが含まれている。すなわち,アメリカのバイソンのように,かつては個体数が豊富であったのに少数しか残存していないもの(数量的遺存種),メタセコイアのようにユーラシアの広い地域に分布していたものが,現在は中国四川省の限定された狭い地域にだけ生き残っているもの(地理的遺存種),シャミセンガイのように5億年もの間,ほとんど変化することなく例外的にゆっくりと進化したもの(系統的遺存種),ゾウのようにかつてはたくさんの類縁種があったのに,現在では2種しか存在せず類縁種の数が少なくなったもの(分類的遺存種)などである。これらのカテゴリーは互いに関連しあい,シーラカンスなどの場合はすべての意味での遺存種といえるが,ゾウのような場合は系統的遺存種とはいえないし,よく遺存種として扱われているオーストラリアの有袋類は,厳密にはそうはいえない面もある。…

【スー族】より

…18世紀後半にミズーリ川流域に達しアリカラ族と接触してから大平原の文化要素を取り入れ,大平原の代表的な部族になった。 生業の基盤はバイソン狩猟にあり,弓矢を武器とし包囲,追込み,崖落し,落し穴などの狩猟方法をとった。バイソンの肉は食料とされ,乾燥肉にしたりペミカン(乾燥肉,脂肪,野イチゴ類を混ぜて塊にした携帯食料)に加工された。…

※「バイソン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バイソンの関連キーワードアングル・シュル・ラングランウッドクリーミー泡パック 爆汗湯ウッドバッファロー国立公園ウィンド・ケーブ国立公園エルクアイランド国立公園イエローストーン国立公園バッファロー(ウシ科)フォン・ド・ゴーム洞窟ウィンドケーブ国立公園バッドランズ国立公園とろけるムースバスフォン・ド・ゴームヨーロッパヤギュウカフカス自然保護区ヤギュウ(野牛)アメリカヤギュウ西コーカサス山脈ビヤウィストクCOOL爆寒湯

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android