コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カウボーイ cowboy

翻訳|cowboy

デジタル大辞泉の解説

カウボーイ(cowboy)

米国西部・メキシコなどの牧場で、馬に乗って働く牛飼い。牧童。「カウボーイハット」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

カウボーイ

牧童。米国西部の牧場で馬に乗って牛の世話をする牧夫。1860年代には東部へ運ぶ牛を鉄道駅まで追うため多くのカウボーイが活躍した。革ジャンパーにテンガロンハットをかぶり,乗馬,投縄,ピストルに長けていた。
→関連項目テキサス[州]ロデオ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

カウボーイ

正式社名「株式会社カウボーイ」。英文社名「COWBOY Co., LTD.」。小売業。昭和48年(1973)「株式会社カネイチ」設立。同63年(1988)「株式会社カウボーイ」に社名変更。本社は札幌市東区伏古13条。食肉・青果物など食料品が主体のディスカウントストア。北海道地盤に直営店「カウボーイ」を展開。JASDAQ旧上場。平成20年(2008)上場廃止。同22年(2010)親会社の「株式会社トライアルカンパニー」に吸収合併。

出典|講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カウボーイ【cowboy】

牧童のこと。とくにアメリカ西部の牧畜農場で馬に乗って牛の世話をする男たちを指す。1820年代,テキサスではもうカウボーイの活躍が見られたが,彼らの黄金時代は67年にはじまる。カンザス州アビリーンまで鉄道がのびた時,家畜商人のジョーゼフ・マッコイJoseph G.McCoy(1837‐1915)はここに牛を集め,東部へ運ぶことを思いつき,当時テキサスでは1頭4ドルだった牛を40ドルで買うと宣伝した。たちまちカウボーイたちは,テキサスから〈チザム・トレール〉沿いに,1000マイル(約1600km)もの距離をものともせず,年間50万頭の牛をここまで追ってきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

カウボーイ【cowboy】

アメリカ合衆国西部の牛飼い牧童。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カウボーイ
cowboy

おもにアメリカ合衆国西部で,馬上から牧牛を扱う技能をもつ牧夫。ミシシッピ川以西で牧畜業に不可欠の働き手となり,アメリカの民間伝承においてその人物像は美化された。1820年頃,アメリカ人開拓者はテキサスの牧場でバケーロ vaquero(スペイン語でカウボーイの意。英語ではバッカルーと発音される)に出会い,なかにはバケーロから投縄(ラッソ),鞍,拍車,焼印などに関する技能を習得する者たちもいた。南北戦争終結後の 1865年以降,北部の諸都市で高い利益を生む牛肉市場が形成されると,多くのテキサス州民がウシの飼育に従事するようになった。牧畜業はグレートプレーンズを越えてカナダへ,また西のロッキー山脈へと広がった。一般的に約 2500頭のウシの群れにカウボーイ 8~12人が伴ってウシの世話をする。秋になると,共有の放牧地で持ち主のいないウシなども含めてウシを駆り集め,商標としての焼印がまだ押されていないウシには焼印を押し,冬の間はウシの群れを見守り,春になると市場に出せる状態のウシを選び,最寄りの鉄道駅がある町まで群れを移送した。その道程は数百kmに及ぶことが多かった。町でウシを東部の買い手に売り渡したカウボーイたちはつかの間の息抜きを楽しんだのち,帰途について次の 1年の営みを始めた。西部開拓による農地の拡大に伴って放牧地は農場へと転換されていった。牛追いたちも 1890年には鉄道の線路付近などで有刺鉄線に囲まれた牧場に定住することを強いられた。こうしてカウボーイは衰退したが,19世紀末から 20世紀にかけていわゆる三文小説などフィクションの世界において,独立独歩を貫く風格の備わった西部の寡黙なヒーローという人物像が定着し,映画やテレビドラマを通じて語り継がれている。(→ガウチョ西部物

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カウボーイ
かうぼーい
cowboy

アメリカ西部やカナダ、メキシコなどの牧場で働く牧夫のこと。カウは雌牛の意。もともとは、アメリカ独立戦争のときイギリスにくみした王党派のゲリラ隊の名称であった。16世紀なかば、アメリカのテキサスに初めて牛が家畜として登場し、のちに各地に広まった。これを飼育したり輸送したりする者をカウパンチャーcowpuncherまたはパンチャーpuncher(家畜の番人)とよんだが、のちカウボーイというようになり、19世紀に最盛期を迎えた。乗馬や投げ縄の得意な荒くれ男が多く、民謡や物語をはじめ、西部劇映画には欠かせない登場人物として、革のベストやテンガロン・ハットまたはカウボーイ・ハットとよばれるつば広の帽子など、独特の風俗で親しまれる。カウボーイのはくジーンズは実用的ではき心地がよいところから、現在若者や子供たちの日常着として世界的に流行している。なお南米草原地方のカウボーイは、ヨーロッパ人と原住民との混血が多く、ガウチョgauchoとよばれている。[佐藤農人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カウボーイの関連キーワードカントリー・アンド・ウエスタン[country and western]ウィル・ロジャース・フォーリーズデッドホースポイント州立公園ユージーン・マンラブ ローズカントリーアンドウエスタンサンタフェ・ファッションウイリアム ロジャーズふとっちょ☆カウボーイJ.フランク ドービーウイリアム ジェームズミック ファーレンオクラホマ・シティエマースン ホッフフォートマディソンウェスタン・ルックウエスタンブーツウエスタンシャツビーフジャーキーチザム・トレールカウボーイハット

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カウボーイの関連情報