コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィーピングラブグラス ウィーピングラブグラス Eragrostis curvula; weeping lovegrass

4件 の用語解説(ウィーピングラブグラスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィーピングラブグラス
ウィーピングラブグラス
Eragrostis curvula; weeping lovegrass

イネ科の多年草で,南アフリカ原産。根がよく張り,乾燥や高温,低温に非常に強いので砂丘地帯などの緑化に有用な植物である。また同様の理由から砂防工事や築堤などの土留めに用いられる。特にアメリカ土木工事に広く使われ,日本でも高速道路の土留めに使われるようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ウィーピングラブグラス

イネ科の多年草。和名シナダレスズメガヤ。南アフリカ原産で日本には昭和20年代に導入された。茎は株をつくり,高さ1m内外,株全体がしなやかに垂れ下がる。草姿が美しく,根張りが強いので土手や道路の斜面に植えて,土砂流出防止に利用される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ウィーピングラブグラス【weeping lovegrass】

和名をシナダレスズメガヤという。南アフリカ原産のイネ科の多年草で,昭和20年代に日本へ導入された。葉は細長く,幅2mmほどで長さは50cmほどになる。多数の茎が密に集まって大きな株をつくる。夏に茎の先に20~30cmくらいのやや疎に枝分れする穂がつく。高さは1m近くになるものもあり,葉や穂など株全体がしなやかに垂れ下がり,風に揺れて波うつ。草姿が美しいだけでなく,根の張りが強いので,道路や土手の法面(のりめん)や造成地などに植えて斜面の土砂流出を防止する目的に利用される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウィーピングラブグラス
うぃーぴんぐらぶぐらす
weeping lovegrass
[学]Eragrostis curvula Nees

イネ科の多年草。シナダレカゼクサ、シナダレスズメガヤともいう。高さ0.6~1.2メートル、夏に20~30センチメートルの穂が出て、まばらに分枝する。葉は糸のように細長く、幅約2ミリメートル、長さ約50センチメートル。全体がしなやかに垂れ下がり美しく、生長は早い。また、強く根を張って暑さや日照り、乾燥に強く、やせ地にも強いので、道路の法面(のりめん)や造成地の斜面などに土砂の流出防止のため植える。茎葉は家畜の飼料とする。原産地は南アフリカで、日本には昭和20年代に導入された。最近では野生化し、道端や荒れ地、土手などに広くみられる。[星川清親]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のウィーピングラブグラスの言及

【カゼクサ】より

…【小山 鉄夫】。。…

【カゼクサ】より

… カゼクサ属Eragrostisは熱帯,亜熱帯に100種もある大きな属で,属名がギリシア語のeros(=love)とagrostis(=grass)であるので愛の草と訳される。牧草としての価値はあまりなく,土どめ用として使われるものに最近日本に入ったシナダレスズメガヤE.curvula Nees(別名ウィーピングラブグラス)とそれに近いE.lehmanniana Nees,E.chloromeras Steud.のアフリカ産の3種がある。コゴメカゼクサE.japonica Thunb.の花序は長さ25cm余りで細長く,星を散りばめたように無数の小型の小穂をつけ,干してドライフラワーとすることができる。…

※「ウィーピングラブグラス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウィーピングラブグラスの関連キーワード蝦殻天蛾寒雀雀貝電子雪崩撓垂れ雀萱南アフリカ連邦シナダレスズメガヤコスズメガヤスズメガヤ

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone