コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィーンの放射法則 ウィーンノホウシャホウソク

デジタル大辞泉の解説

ウィーン‐の‐ほうしゃほうそく〔‐ハウシヤハフソク〕【ウィーンの放射法則】

1896年にドイツ物理学者ウィーンが導いた、黒体からの熱放射(黒体放射)に関する法則。または振動数分布を表す公式を指す。短波長(高振動数)側では実験データを精度よく再現できるが、長波長(低振動数)側では大きなずれが生じる。黒体放射スペクトルは後にプランクが導いたプランクの放射法則により説明できるようになった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウィーンの放射法則
うぃーんのほうしゃほうそく
Wien's radiation law

絶対温度Tの黒体から放射されるエネルギー密度分布を示す法則の一つ。
 黒体の放射振動数がνとν+dνの間にあるときの放射エネルギー密度をρνdνとするとき、

と表される。ここでνは振動数、cは光速度、hはプランク定数、kBはボルツマン定数、Tは黒体の温度である。ウィーンが1896年に熱力学から導いた。ウィーンの変位則はこの放射法則から導くことができる。放射エネルギーの短波長側(高振動数側)では実験結果と非常によく合うが、長波長側(低振動数側)ではかなりずれてしまう。正確な絶対温度Tの黒体の放射エネルギー密度分布はプランクの放射公式で示されるが、ウィーンの放射法則はhν>>kBTの場合でのプランクの放射公式の近似になっている(hはプランク定数)。ウィーンの放射法則はプランクによる量子仮説を取り入れたプランクの放射公式への橋渡しになった。[山本将史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ウィーンの放射法則の関連キーワード樋口一葉深刻小説トムソン(Sir Joseph John Thomson)シモンズ(Arthur Symons)スペンサー(Herbert Spencer)ラザフォード(1st Baron Rutherford of Nelson Ernest Rutherford)[各個指定]芸能部門ピエール キヤールブダペストの市民公園たけくらべ

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone