コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウイルス性肝炎 ウイルスセイカンエン

デジタル大辞泉の解説

ウイルスせい‐かんえん【ウイルス性肝炎】

ウイルスによって起こる肝炎。軽い発熱・だるさ・食欲不振などに始まって黄疸(おうだん)も現れるが、1か月くらいで治まる。A型B型C型D型E型が確認されている。
[補説]主に食べ物や水を介して経口感染する流行性肝炎(A型・E型)と、主に血液や体液を介して感染する血清肝炎(B型・C型・D型)に大別される。

ウイルス性肝炎の種類と特徴
 A型肝炎B型肝炎C型肝炎D型肝炎E型肝炎
感染経路経口(糞便)血液・体液血液・体液血液・体液経口(糞便)
潜伏期2~6週間1~6か月1~3か月1~6か月3~9週間
流行性ありなしなしなしあり
慢性化しないすることがあるすることがあるすることがあるしない
肝硬変・肝細胞癌への移行しないすることがある可能性が高いすることがあるしない
劇症化まれすることがあるまれしやすい妊婦に多い

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ウイルス性肝炎

A~E型の5種類。B、C、D型は主に血液で感染し慢性肝炎になって肝硬変や肝がんを起こすことがある。注射器の使い回しや輸血、血液製剤などによる。B型は出生時の母子感染が多かった。いずれも対策が進み激減した。D型はB型とともに感染し日本は少ない。A、E型は食べ物や飲料水などから感染、慢性化せずに急性肝炎を起こす。まれに劇症肝炎になり死亡する。衛生環境の悪い地域で流行を起こすが日本など先進国は少ない。

(2010-12-30 朝日新聞 朝刊 生活2)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

ウイルス性肝炎

 ウイルスによって起こる肝炎で,現在A,B,C,D,Eに区別されている.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ウイルスせいかんえん【ウイルス性肝炎】

肝炎ウイルスによって起こる肝炎。 A 型・ B 型・ C 型などがある。飲食物・輸血・性交などによって感染し、潜伏期間は数週間~数か月。全身のだるさ、食欲減退、発熱・黄疸おうだんなどの症状がでる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のウイルス性肝炎の言及

【肝炎】より

…肝臓の炎症性疾患。肝炎と名がつく肝臓の疾患には,ウイルス性肝炎(急性肝炎),劇症肝炎,慢性肝炎,ルポイド肝炎,アルコール性肝炎や薬物性肝炎などがある。肝炎は,(1)肝細胞の変性,壊死(肝細胞の破壊),(2)肝細胞の機能障害,(3)間葉系反応(細胞浸潤や繊維増生),(4)胆汁鬱滞(うつたい)(胆汁の排出障害,黄疸)などの組織変化の組合せで起こる。…

※「ウイルス性肝炎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウイルス性肝炎の関連情報