ウォーゲ(英語表記)Waage, Peter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウォーゲ
Waage, Peter

[生]1833.6.29. ヒッテルー島
[没]1900.1.13. クリスチャニア(現オスロ)
ノルウェーの化学者。クリスチャニア大学で医学,鉱物学,化学を学ぶ。 1859年卒業後,フランス,ドイツに留学。特にハイデルベルクの R.ブンゼンのもとで学ぶ。クリスチャニア大学化学講師 (1861) を経て,教授 (66) 。義兄 C.グルベルと協力して質量作用の法則を発見 (64~67) 。後年は,産業問題,社会問題,宗教活動に従事した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android