コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォーラー Waller, Willard Walter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウォーラー
Waller, Willard Walter

[生]1899
[没]1945
アメリカの社会学者。社会学,社会心理学の概念を学校社会の研究に適用した。社会的有機体としての学校,地域社会と学校,教師の役割とそのタイプ,教師と生徒の関係,学校と生徒の文化といった問題を,参与観察,事例記録,日記,書簡,伝記などを資料として利用,分析した。この現実重視の姿勢は,その後の欧米・日本の学校社会学の研究に大きな影響を与え,解釈的アプローチを特徴とする「新しい教育社会学」にもつながっている。主著,学校社会学の古典的名著とされる『学校集団』 The Sociology of Teaching (1932) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ウォーラー

米国のジャズ・ピアノ奏者,歌手,作曲家。本名トマス・ウォーラーThomas Waller。1920年代のニューヨークで,ラグタイム・ピアノの技法を進展させたジェームズ・P.ジョンソンJames P.Johnson〔1891-1955〕に師事し,いわゆるスライド・ピアノにさらに創意を加え,その最もすぐれた奏者とされる。
→関連項目ベーシー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ウォーラーの関連キーワードフランク(Andre Gunder Frank)エイント・ミスビヘイヴンハニーサックル・ローズカウント ベーシーウォーラーステインウォーラー積分マシャーブルムピーターソン世界システム政治社会学バリバール水上スキー国民国家従属理論近代化

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android