コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウオクイコウモリ Noctilio leporinus; fisherman bat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウオクイコウモリ
Noctilio leporinus; fisherman bat

翼手目ウオクイコウモリ科。体長9~14cm,前腕長7~9cm。名前が示すとおりおもに魚類を食べるので,体のつくりもこれに適応している。すなわち,後肢が大きく,鉤爪も大きくて釣針のような機能をもつ。この爪で水面近くを泳いでいる全長2~8cmほどの魚を上手に捕える。また,皮膜や腿間膜がよく発達し,翼は細長く,速く飛ぶことができる。メキシコからアルゼンチンパラグアイブラジル小アンティル諸島に分布し,洞窟,岩の割れ目,樹洞などにすむ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウオクイコウモリ

小魚を主食とする翼手目ウオクイコウモリ科Noctilionidaeに属する哺乳類の総称。形態からbulldog bat,生態からfisherman batなどの英名がある。この科には1属2種があり,新世界に特有。その1種メキシコウオクイコウモリ(ウオクイコウモリ)Noctilio leporinus(イラスト)はメキシコの南西部からアンティル諸島,トリニダード島を経て,アルゼンチン北部までの熱帯に分布する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウオクイコウモリ
うおくいこうもり / 魚食蝙蝠
fisherman bat

哺乳(ほにゅう)綱翼手目ウオクイコウモリ科に属する動物の総称。同科Noctilionidaeには1属2種が含まれる。その一つメキシコウオクイコウモリNoctilio leporinusはメキシコからアルゼンチンまで分布する。翼開長40センチメートル。頭胴長10~14センチメートル、前腕長7~9センチメートル、翼は狭長、尾と後肢が長く、吻(ふん)はとがり、上唇に垂直のひだがあり、三つ口状。体の上面は雄では光沢がある橙褐色(とうかっしょく)、雌では灰色または暗褐色。洞窟(どうくつ)、岩壁の割れ目、樹洞、ときに人家内に小群で生息する。群れをなして、海や川の上をウミツバメのように飛びながら、水面近くを泳ぐ2~8センチメートルほどの小魚を後ろ足の釣り針状の鋭いつめですくい上げてとらえる。普通、魚は頬袋(ほおぶくろ)に入れ、休息地に戻って食べるが、飛びながら食べることもあり、一晩に30~40匹もとらえる。また、魚のほか、昆虫、甲殻類も食べる。1産1子。近縁種であるミナミウオクイコウモリN. labralisはニカラグアからアルゼンチン南部に分布する。[吉行瑞子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ウオクイコウモリの関連キーワードNoctilio leporinus翼手類

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android