コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウナギツカミ Polygonum sagittatum L.var.aestivum Makino

2件 の用語解説(ウナギツカミの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウナギツカミ【Polygonum sagittatum L.var.aestivum Makino】

畑や水田の雑草になるタデ科の一年草(イラスト)。ウナギをつかむのも容易なほどに茎がやすり状にざらついているので,この名をもつ。茎はしばしば下部より分枝し,斜上または直立し,高さ20~50cm,四稜形で稜にそって下向きの小型のとげがある。葉はやじり状,長さ5~10cm,裏面の主脈上と葉柄に下向きの小型のとげがあり,葉縁は無毛。葉鞘(ようしよう)は斜めに切れ,無毛。花期は5~7月。花は枝の先に10~20個が頭状に密集する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウナギツカミ
うなぎつかみ / 鰻掴
[学]Polygonum sieboldii Meisn.

タデ科の一年草。一名ウナギヅル。茎の下部は地をはって節から根を下ろし、上部は分枝して立ち上がり、稜角(りょうかく)と逆向きの刺(とげ)があり、他物に絡みつき、高さ1メートル余となる。葉は披針(ひしん)形で先は鈍くまたは鋭く、長さ4~8センチメートル、幅1.5~3センチメートル、基部は心臓形で、並行する葉耳(ようじ)がある。質は薄く、やや粉白を帯び無毛。裏面の葉脈上に逆向きの刺がある。葉鞘(ようしょう)の縁(へり)は斜めに切れる。花穂は頭状、花は上半部が帯紅色で長さ3ミリメートル、花被(かひ)は5枚、雄しべは8本、花柱は3本。痩果(そうか)は卵状三稜形、黒色で、光沢はない。水辺に生え、日本全土、朝鮮、中国、東シベリアに分布する。夏開花するものをウナギツカミといい、秋開花するものをアキノウナギツカミとして区別することがある。[小林純子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウナギツカミの関連キーワード秋の鰻攫み石見川犬稗桜蓼柳蓼大犬蓼大毛蓼早苗蓼花蓼春蓼

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウナギツカミの関連情報