コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウミニナ(海蜷) ウミニナBatillaria multiformis

世界大百科事典 第2版の解説

ウミニナ【ウミニナ(海蜷) Batillaria multiformis】

砂れき底にふつうに見られる細長いウミニナ科の巻貝(イラスト)。殻の長さ3cm,太さ1.3cmくらいになり,高い円錐形で巻きは8階くらい。表面は石畳状に黒斑列がある。また上方の巻きほど縦に肋が出ている。殻口は半円形で,その外側はまるく湾曲し,内面は黒いがその縁には白斑がある。また巻き側の上方と下方は白色になり厚くなる。蓋は円形で薄く褐色。本州から台湾まで分布し,内湾の潮間帯の砂れき底に多い。潮が引くと活動を始めるが,日光に対して反対方向に動く。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android