コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウラジーミル大公国 ウラジーミルたいこうこくVladimiro‐Suzdal’skoe knyazhestvo

世界大百科事典 第2版の解説

ウラジーミルたいこうこく【ウラジーミル大公国 Vladimiro‐Suzdal’skoe knyazhestvo】

中世ロシアの一公国。11世紀半ば以降キエフ・ロシアが細分状態に入ると,その北東部に位置するこの公国はいち早く強い自立傾向を示し,12世紀後半にはキエフとは別に大公位を称した。1299年にはロシア府主教座がキエフからウラジーミルに移された。14世紀半ばになると,キエフを含む南西ロシアがポーランドとリトアニアによって併合されるという状況が生まれ,その中でウラジーミルは名目的ではあれロシア統一の象徴的役割を果たし,タタール支配下のロシアで中心的位置を占めていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ウラジーミル大公国の関連キーワードロストフ・スーズダリ公国モスクワ・ロシアスーズダリロシア史

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android