ウラジーミル大公国(読み)ウラジーミルたいこうこく(英語表記)Vladimiro‐Suzdal’skoe knyazhestvo

世界大百科事典 第2版の解説

ウラジーミルたいこうこく【ウラジーミル大公国 Vladimiro‐Suzdal’skoe knyazhestvo】

中世ロシアの一公国。11世紀半ば以降キエフ・ロシアが細分状態に入ると,その北東部に位置するこの公国はいち早く強い自立傾向を示し,12世紀後半にはキエフとは別に大公位を称した。1299年にはロシア府主教座がキエフからウラジーミルに移された。14世紀半ばになると,キエフを含む南西ロシアがポーランドリトアニアによって併合されるという状況が生まれ,その中でウラジーミルは名目的ではあれロシア統一の象徴的役割を果たし,タタール支配下のロシアで中心的位置を占めていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android