コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウラディスラフ2世ヤゲロウェツ(読み)ウラディスラフにせいヤゲロウェツ(英語表記)Vladislav II Jagellovec; Ulászló II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウラディスラフ2世ヤゲロウェツ
ウラディスラフにせいヤゲロウェツ
Vladislav II Jagellovec; Ulászló II

[生]1456. クラクフ
[没]1516.3.13. ブダ
ボヘミア王 (在位 1471~1516) ,ハンガリー王 (在位 1490~1516) 。ポーランドのヤゲロニア王家の出身。カジミエシ4世ヤギェロンチクの長男。幼少時,歴史家ヤン・ドウーゴシの薫陶を受けた。父王カジミエシとボヘミア王イジーとの取り決めによって,イジーの没後その王位を継承。ハンガリー王マーチャーシュ1世コルウィヌスと戦ったが敗北,オロモウツの和 (1478) によってシロンスク (シュレジエン) ,モラビア,ラウジッツを失った。しかしマーチャーシュの死 (1490) 後,弟のポーランド王ヤン・オルブラフトとハンガリー王位を争い,勝利を収め,ウラースロー2世として即位した。外来王朝出身のため国内的基盤が弱く,大貴族に多くの譲歩を行ない,「なんでも異議なし王」 rex beneの異名をとった。一方,都市と農村の利益を無視しがちとなり,ボヘミアではしばしば都市の騒乱が起こった (1483年プラハ,1494~96年クトナーホラなど) 。都市の権利を制限した「ウラディスラフの国内法」の発布 (1500) 後は都市連合が結成されて,内乱の危機に直面した。またハンガリーでは農民の不満が高まり,1514年ドージャの反乱が勃発した。対外政策においては,台頭するハプスブルク家の勢力に対抗することができず,ボヘミアとハンガリーにおけるヤゲロニア家の支配もその子ルドウィク1世 (ハンガリー王としてはラヨシュ2世) をもって断絶する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android