コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウラル川 ウラルがわreka Ural

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウラル川
ウラルがわ
reka Ural

中央アジア,ロシア南西部とカザフスタン西部を流れる川。 1775年までヤイク Yaik川。全長 2428km。流域面積 21万 9900km2。ロシアのウラル山脈南部,ウラルタウ山脈に発し,南流,西流したのちカザフスタンのウラリスクで再び流路を変え,カスピ海沿岸低地を南流してアトゥラウカスピ海に注ぐ。河口に大きな三角州を形成。中流域,下流域は乾燥低地であるが,河水を灌漑用水として利用し,穀物,飼料作物などが栽培される。 11月から3~4月まで結氷。沿岸主要都市はウラリスク,アトゥラウのほかにロシアのマグニトゴルスクオルスクオレンブルグ。河口からウラリスクまで航行可能。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ウラル‐がわ〔‐がは〕【ウラル川】

ウラル山脈南部に源を発し、カスピ海に注ぐ川。長さ2428キロ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ウラルがわ【ウラル川】

ロシア連邦、ウラル山脈の南部に源を発し、南西流してカザフスタンに入り、カスピ海に注ぐ内陸河川。カスピ海とウラル地方とを連絡する河川交通路。長さ2538キロメートル。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウラル川
うらるがわ
Урал Ural

ロシア連邦とカザフスタン共和国を流れる川。ロシアのウラル山脈南東部ウラルタウ山脈に発して南流し、オルスク付近で西流してカザフスタンに入り、オラル(旧ウラリスク)より南流してアティラウ(旧グリエフ)付近でカスピ海に注ぐ。長さ2428キロメートル、流域面積23万7000平方キロメートル。11月から3、4月まで結氷し、また春の融氷期に年間総流量(12.5万立方キロメートル)の80%が流れるため、しばしば氾濫(はんらん)する。上流部のロシアのマグニトゴルスクなどにダムがあり、カザフスタン領の下流部は広い河成平野をつくっている。アティラウ―オラル間が航行可能。流域は乾燥地域で、中流部では河水が灌漑(かんがい)農業に使われる。[熊木洋太]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ウラル川の関連キーワードオプシチースイルト丘陵トルコ=タタール諸語アク・ナザル・ハンチェリャビンスク州キプチャク・ハン国アクチュビンスクキプチャク大草原ジョチ(朮赤)サルマート文化ノボトロイツクウラル[山脈]オレンブルグ州アトゥラウ州ペチェネグ族ウラリスク州青帳ハン国アクチュベ小ウゼン川大ウゼン川フン民族

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android