コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウラル川 ウラルがわreka Ural

4件 の用語解説(ウラル川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウラル川
ウラルがわ
reka Ural

中央アジア,ロシア南西部とカザフスタン西部を流れる川。 1775年までヤイク Yaik川。全長 2428km。流域面積 21万 9900km2。ロシアのウラル山脈南部,ウラルタウ山脈に発し,南流,西流したのちカザフスタンのウラリスクで再び流路を変え,カスピ海沿岸低地を南流してアトゥラウカスピ海に注ぐ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ウラルがわ【ウラル川】

ロシア連邦、ウラル山脈の南部に源を発し、南西流してカザフスタンに入り、カスピ海に注ぐ内陸河川。カスピ海とウラル地方とを連絡する河川交通路。長さ2538キロメートル。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウラル川
うらるがわ
Урал Ural

ロシア連邦とカザフスタン共和国を流れる川。ロシアのウラル山脈南東部ウラルタウ山脈に発して南流し、オルスク付近で西流してカザフスタンに入り、オラル(旧ウラリスク)より南流してアティラウ(旧グリエフ)付近でカスピ海に注ぐ。長さ2428キロメートル、流域面積23万7000平方キロメートル。11月から3、4月まで結氷し、また春の融氷期に年間総流量(12.5万立方キロメートル)の80%が流れるため、しばしば氾濫(はんらん)する。上流部のロシアのマグニトゴルスクなどにダムがあり、カザフスタン領の下流部は広い河成平野をつくっている。アティラウ―オラル間が航行可能。流域は乾燥地域で、中流部では河水が灌漑(かんがい)農業に使われる。[熊木洋太]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone