ウルバヌス3世(読み)ウルバヌスさんせい(英語表記)Urbanus III

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウルバヌス3世
ウルバヌスさんせい
Urbanus III

[生]?. ミラノ
[没]1187.10.19./1187.10.20. フェラーラ
ミラノ出身の第172代教皇在位 1185~87)。本名 Umberto Crivelli。貴族出身。教皇ルキウス3世(在位 1181~85)により枢機卿(→カーディナル)およびミラノ大司教に叙階され,1185年11月にその後継者として登位した。1186年1月,神聖ローマ皇帝フリードリヒ1世(在位 1155~90)の息子でドイツ王のハインリヒ6世(在位 1169~97)が,シチリア王ロジェール2世(在位 1130~54)の娘コンスタンツァと結婚すると,これをホーエンシュタウフェン朝によるイタリア北部と南部の支配という,教皇座を包囲する企てだとして強く反発した。また 1186年6月,トリーアの大司教の任命をめぐって皇帝と対立し,ハインリヒ6世に教皇領に攻め込まれた。ウルバヌス3世は皇帝をベネチアで破門しようとしたが,ベネチアへ向かう旅の途中,フェラーラで死去した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android