ウンキャルスケレッシ条約(読み)ウンキャルスケレッシじょうやく(英語表記)Treaty of Unkiar Skelessi(Hünkâr İskelesi)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウンキャルスケレッシ条約
ウンキャルスケレッシじょうやく
Treaty of Unkiar Skelessi(Hünkâr İskelesi)

1833年7月8日,ロシアオスマン帝国との間に締結された防御同盟で,東方問題を紛糾させた。有効期間8ヵ年。 1831~33年オスマン帝国は,エジプトの太守ムハンマド・アリーの反乱に脅かされたが,ロシアの介入を恐れるイギリスとフランスの圧力により,33年5月クタヤで講和を強いられた。かねて近東進出の機会をうかがっていたロシアは,この取決めに不満をもつオスマン帝国に接近,イスタンブールの対岸ウンキャルスケレッシ (現ユスキュダル) で,オスマン帝国への軍事援助を引受ける代償として,ボスポラス,ダーダネルス両海峡通過に関し,ロシア艦隊の優先権を認めさせる相互援助条約を結ぶことに成功した。これによって,ロシアは近東問題で優位に立ったが,イギリスの強硬な反対にあい,40年のロンドン会議で否定され,41年の国際海峡協定で廃棄された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android