コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウンラン ウンラン Linaria japonica

3件 の用語解説(ウンランの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウンラン
ウンラン
Linaria japonica

ゴマノハグサ科の多年草。暖地の日当りのよい海岸の砂浜に生える。全体が粉白色で,茎は地上を斜上する。葉は厚く,葉柄はなく,つき方は互生,対生または3~4枚輪生などいろいろある。7~10月に,白と黄の花が咲き美しいが,栽培はむずかしい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ウンラン

ゴマノハグサ科の多年草。北海道〜四国,東アジアの海岸の砂地にはえる。全体に緑白色で,茎は斜上ないし匍匐(ほふく)し,長さ20〜40cm。葉は楕円形で対生または輪生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウンラン
うんらん / 海蘭
[学]Linaria japonica Miq.

ゴマノハグサ科の多年草。葉は肉質で長楕円(ちょうだえん)形、全縁で緑白色。夏、短い総状花序に数個の花をつける。花冠は黄白色の仮面状花冠で、花筒の基部には距(きょ)があり、上唇は反り返り下唇の花喉(かこう)部は橙黄(とうこう)色で著しく盛り上がる。海岸の砂地に生え、本州の日本海側と千葉県以北の太平洋側、北海道、樺太(からふと)(サハリン)、ウスリー地方に分布する。瀬戸内海にも分布するが、これは昔、北海道や北陸地方との舟による交易と関係するのではないかと考えられる。名は、花がランに似るのでいう。[山崎 敬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウンランの関連キーワードゴマノハグサ科瓜草鍬形草小米草胡麻の葉草紫蘇草比翼草姫鍬形ノウルシヤマトラノオ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウンランの関連情報