エアフォース・ワン(英語表記)Air Force One

翻訳|Air Force One

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アメリカ合衆国の大統領を乗せて飛行するアメリカ空軍の航空機。「エアフォース・ワン」は厳密には無線通信のコールサイン(識別記号)を意味し,大統領が搭乗している間はどのアメリカ空軍機であってもこの呼び名が使われる。しかし,一般的には大統領の国内外の移動用に確保された特別な航空機を意味するようになった。飛行機執務を行なった最初のアメリカ大統領はフランクリン・D.ルーズベルトで,第2次世界大戦中の 1943年,連合国首脳によるモロッコカサブランカ会談に出席するため,飛行艇ボーイング314クリッパーに搭乗した。1991年以来,大統領用の特別機は 2機用意されている。テールナンバー 28000と 29000の同型のボーイング747-200Bジャンボジェット機(→ボーイング747)で,空軍での呼称は VC-25A。燃料補給なしで 1万2000kmの飛行が可能であり,空中給油を行なえば地球を一周することができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エアフォース・ワンの関連情報