空中給油(読み)クウチュウキュウユ

  • air refueling
  • くうちゅうきゅうゆ ‥キフユ
  • くうちゅうきゅうゆ〔キフユ〕
  • 空中給油 air refueling

百科事典マイペディアの解説

給油母機から,飛行中にホースまたは特別の給油ブームで他機に燃料を補給すること。これにより中・小型爆撃機戦闘機等の航続距離格段に延伸することができる。1923年米国で創始された。今日では用兵上の要求から広く実施されている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

飛行機の航続距離や航続時間を延ばすため,飛行中の飛行機に燃料を補給すること。空中給油は,1923年アメリカ陸軍が実験に成功して以来,記録の達成など特殊な目的のため使用されたが,ジェット機の時代になり,その大きな燃料消費を補うため,戦略爆撃機戦闘爆撃機および艦上機などに対し,常用されるようになった。空中給油を行う母機は空中給油機tankerと呼ばれ,大型の燃料タンクと給油装置をもち,輸送機などを原型として作られたものが多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

飛行中の航空機から航空機へと、パイプで連結して燃料を補給すること。空中補給。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

飛行中の航空機からほかの航空機へ燃料を移し、長距離の飛行を可能にするための補給を行うこと。世界最初の空中給油は、1930年にアメリカで行われ、一部では実用化されていたが、多用されるようになったのは、燃料消費の多いジェット機が軍用機の主力となってからである。空中給油は、基本的には長距離の移動や侵攻攻撃に際して、航続距離を延長するために使われる。防空戦闘では、滞空時間を延長するために使われることも考えられているが、実際にはほとんど使われた例はない。
 空中給油のシステムでは、専用の空中給油母機を使う方法と、攻撃機などに空中給油用の装置を搭載するバディ・システムとよぶ方式があり、大規模な使用では前者が、小規模な部隊では後者が使われるのが普通である。燃料の移送方式には、ブームを給油を受ける機体に差し込むフライング・ブーム方式と、燃料ケーブルにバケットをつけ、給油を受ける機体がプローブでとらえる、プローブ・アンド・ドローグの2方式が一般的。このうちフライング・ブームはおもにアメリカ空軍が現在使用しており、アメリカ海軍やそのほかの軍は、バディ方式も含めてプローブ・アンド・ドローグで給油を行っている。またプローブ・アンド・ドローグでは、ヘリコプターに空中給油を行うこともできるようになった。[青木謙知]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 飛行中の航空機に他の航空機から、ホースで燃料を補給すること。空中補給。〔現代語大辞典(1932)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

空中給油の関連情報