コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エキサイゼリ Apodicarpum ikenoi Makino

世界大百科事典 第2版の解説

エキサイゼリ【Apodicarpum ikenoi Makino】

湿地に生えるセリ科のごくまれな多年草イラスト)。オバゼリともいう。地下にはひげ根の他に,一部肥厚して栄養を蓄える貯蔵根がある。全体に毛がなく,は高さ30cm内外,上部で多少,分枝する。葉は羽状複葉葉柄があり,茎に互生し,小葉は7~9個あってほぼ卵形,長さ1~3cm。5~6月頃,枝先に複散形花序を作り,小さい白い花をつける。花序の基部には数個の細長い総苞片がある。花は白色で5弁があり,萼は発達しない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エキサイゼリ
えきさいぜり / 益斎芹
[学]Apodicarpum ikenoi Makino

セリ科の小形の多年草。1属1種で、日本特産種。根は紡錘状に肥厚する。茎は高さ約30センチメートル。葉は単羽状複葉。花は5月、小形の複散形花序に少数つき、白色。果実の稜線(りょうせん)は太い。河川に沿った低湿地に生える。関東、濃尾平野に分布するが現在はほとんどみられない。名は発見者の越中(えっちゅう)富山藩主前田利保(としやす)の号益斎にちなむ。[門田裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

エキサイゼリの関連キーワード婆芹湿地

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android