エキノコックス(読み)えきのこっくす(英語表記)echinococcus

翻訳|echinococcus

知恵蔵の解説

エキノコックス

通常、単包条虫多包条虫の2種があり、近年問題となっているのは多包条虫。本来、キツネやイヌが感染するが、これらの感染動物からヒトに感染することがある。ヒトに感染すると、10〜15年を経て、肝腫大、上腹部痛、発熱、黄疸(おうだん)、腹水などの症状が出現する。

(今西二郎 京都府立医科大学大学院教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

エキノコックス(〈ラテン〉Echinococcus)

エキノコックス属の条虫の総称。キツネ・猫などに寄生する多包条虫、羊・牛・犬などに寄生する単包条虫がある。宿主の体内で球形中空の嚢腫(のうしゅ)を形成し、包虫ともいう。人間が虫卵を飲み込むと肝臓などで発育して重い障害を起こす。エヒノコッカス。「エキノコックス症」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

エキノコックス

包虫とも。条虫類に属する寄生虫で,タンホウジョウチュウ(単包条虫)またはタホウジョウチュウ(多包条虫)の幼虫。イヌやキツネ,オオカミが終宿主で,その糞(ふん)便中の虫卵で感染する。人体に入ると幼虫が腸を貫き諸臓器で発育し嚢状に大きくなり,人命にかかわることもある。治療は手術による虫体の摘出による。日本では九州(タンホウ)と北海道の礼文島,北海道道東地方(タホウ)に多い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エキノコックス【echinococcus】

包虫,すなわち扁形動物門条虫綱に属するタンホウジョウチュウ(単包条虫)Echinococcus granulosusまたはタホウジョウチュウ(多包条虫)E.multilocularisの幼虫をさす。タンホウジョウチュウの成虫は,イヌ,キツネ,オオカミなどの小腸に寄生する体長3~6mmの小さいジョウチュウで,頭節,未熟体節,成熟体節,受胎体節の通常4節からなる。虫卵は宿主の便とともに外界に排出され,ヒツジ,ウシ,ブタ,ウマ,ラクダ,ウサギなどの中間宿主に摂取されると,小腸上部で幼虫(六鉤(ろつこう)幼虫とよぶ)が孵化(ふか)し腸壁に穿入(せんにゆう)して全身のいろいろな臓器に達して包虫となる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

知恵蔵miniの解説

エキノコックス

条虫(サナダムシ)の一種である寄生虫。自然の中では、キツネや犬、猫に寄生する。成虫の体長は約1.5~4.5ミリメートルほど。日本では北海道に多く生息し、最大の宿主であるキタキツネは道内で5万~10万頭いると推定されている。感染動物の糞などに混入している卵胞が人体内に入ると、エキノコックス症を引き起こすことがある。エキノコックスは肝臓に寄生し、数年から十数年の潜伏期間を経て発症。その後治療せずにいた場合の致死率は、5年後で70%、10年後で90%以上。北海道での感染患者は年に10~20人ほどで、人から人には感染しない。2014年4月8日、愛知県阿久比町で3月に捕獲した野犬1頭の糞からエキノコックスの虫卵が確認された。犬での寄生確認は今回が国内最南端となる。

(2014-4-11)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エキノコックス
えきのこっくす
[学]Echinococcus

扁形(へんけい)動物門条虫綱円葉目テニア科エキノコックスEchinococcus属の寄生虫の総称。日本には単包(たんほう)条虫E. granulosus(全国的に散発するがまれ)と多包(たほう)条虫E. multilocularis(北海道全域)の2種が分布する。
 単包条虫の成虫は体長2~7ミリメートル、頭節と3個の片節からなり、イヌなどの小腸に寄生する。イヌの糞便(ふんべん)とともに排出された卵は、中間宿主のウシ、ヒツジ、シカ、ウマなどに食べられ、その小腸内で孵化(ふか)した幼虫は腸壁に侵入し、血流あるいはリンパによって肝臓や肺などの臓器に移行し包虫(ほうちゅう)を形成する。単包条虫の包虫を単包虫といい、初めは小さな袋が徐々に発育して鶏卵(けいらん)大あるいは小児頭大にもなり、袋内部は液で満たされる。この袋の内壁から多数の繁殖胞とよばれる小さな袋が生じ、各繁殖胞には数個から100個以上の原頭節が含まれる。この結果、1個の卵から無数の原頭節がつくられることになる。牧畜の盛んな国ではヒツジやウシの内臓や雑肉をイヌに与える。これに包虫が寄生していれば包虫内の原頭節は固有宿主であるイヌの小腸内で成虫に発育する。
 一方、多包条虫の成虫は体長1.2~4.5ミリメートルで、頭節と2~4個の片節からなり、キツネやイヌなどの腸に寄生している。卵は中間宿主のノネズミ類に食べられ、肝臓などで包虫をつくる。多包条虫の包虫を多包虫とよび、直径1~5ミリメートルの小さな袋が次々と形成されて集合体となる。原頭節を含む繁殖胞は袋壁内にできる。多包虫は原発部位から他の臓器へ転移することもあり、悪性腫瘍(しゅよう)を思わせる。
 ヒトがキツネの毛皮あるいは野生のイチゴやコケモモなどに付着した卵を経口摂取すれば、中間宿主となって包虫症にかかる。北海道のキタキツネの多包条虫感染率は50%である。包虫は外科的に摘出する以外確実な治療法はない。免疫診断などで早期に発見することが重要となる。エキノコックスは初め幼虫の包虫につけられた名称であるが、のちに成虫にも使われるようになった。このため成虫の包条虫と幼虫の包虫の両者に用いられる。[町田昌昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

エキノコックス

〘名〙 (Echinococcus) 包虫。多節条虫類幼生の形態の一つ。単包条虫と多包条虫の二種があり、単包条虫はイヌに、多包条虫はキツネ・ネコに寄生する。成虫からの卵は、中間宿主のヒトの肝臓や肺に寄生して幼虫となる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エキノコックスの関連情報