コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

礼文島 れぶんとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

礼文島
れぶんとう

北海道北西方,日本海に浮かぶ細長い島。行政上は礼文町に属する。南北約 21km,東西 3~7km。白亜紀層を基盤とし,その上に火山岩が噴出した丘陵性の島で,最高点は礼文岳(490m)。西岸には海食崖が発達し,北岸,東岸には平地が開け,香深,船泊(ふなどまり)などの集落がある。近海に好漁場を控え,ホッケ,タラ,カレイコンブ,ウニなどの水揚げが多い。利尻礼文サロベツ国立公園に属し,桃岩(250m)はレブンソウ,レブンコザクラなど 300種の高山植物群落で知られる。1948年金環食が観測されたことは有名。面積 80.95km2。人口 3856(2000)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

礼文島【れぶんとう】

北海道北端の日本海上にある島。面積81.25km2,近世には〈れぶんしり〉などとみえ,ニシン・タラ・アワビ・コンブなどを産した。礼文町をなす。礼文岳(490m)を最高点とするテーブル状の島で東の利尻島などとともに利尻礼文サロベツ国立公園所属。
→関連項目ウルップソウ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

れぶんとう【礼文島】

北海道北部,日本海上に浮かぶ島。1島1町で宗谷支庁礼文町をなす。人口4375(1995)。幅約8kmの礼文水道を隔てて利尻島の北西に位置する。東西約6km,南北約21kmの細長い島で,面積は82km2。島は全体的になだらかな白亜系や第三紀の丘陵からなり,周縁に高度120m以下の3~4段の海岸段丘が発達している。最高峰は,島のほぼ中央部にある礼文岳(490m)で,この山を中心にして西海岸一帯にかけては,レブンソウ,レブンアツモリなど200種以上の高山植物が群生している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

れぶんとう【礼文島】

北海道利尻島の北西方にある、日本海に浮かぶ島。面積約82平方キロメートル。礼文岳(490メートル)がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕礼文島(れぶんとう)


北海道北西部、野寒布(のしゃっぷ)岬の西46kmの日本海に浮かぶ島。面積81.0km2。全島が礼文町に属する。礼文岳(標高490m)を最高峰とする低平な丘陵が南北に延び、西海岸に海食崖(かいしょくがい)が発達。海岸近くにも高山植物群落が点在する。西海岸や山岳・丘陵地は利尻(りしり)礼文サロベツ国立公園に指定されている。沿岸・近海はコンブ・ウニ・タラの好漁場。北東端の金田ノ(かねだの)岬近くに礼文空港がある。稚内(わっかない)港や利尻(りしり)島の鴛泊(おしどまり)・沓形(くつがた)両港から香深(かふか)港まで定期フェリーが運航。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

礼文島
れぶんとう

北海道北部、日本海上に浮かぶ島。宗谷(そうや)総合振興局管内の礼文町に属し、付属島に海驢(とど)島などがある。北海道本島の西方約50キロメートルに位置し、幅約10キロメートルの礼文水道を隔てて南東の利尻(りしり)島と相対している。利尻島よりも沖合いに位置するためアイヌ語でレプンシリ(沖の島)とよばれた。東西6キロメートル、南北21キロメートル、面積81.33平方キロメートル。中生層、第三紀層などからなり、中央部の礼文岳(490メートル)を最高点に標高200~300メートルの丘陵が連なる。西海岸は海食崖(がい)が続き、北部、南部には120メートル以下の3段ないし4段の海岸段丘が発達している。利尻礼文サロベツ国立公園の一部で、香深(かぶか)西方の桃岩周辺は高山植物の宝庫で道の天然記念物に指定され、西海岸の宝石海岸、地蔵岩、絶壁の続く西上泊(にしうえどまり)海岸、北端部のスコトン岬など景勝地が多い。スコトン岬北方の海驢島には番屋があり、ウニ・コンブの漁期だけ漁民が移住する。2009年の住民登録人口3111、2010年国勢調査人口3078。[岡本次郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

礼文島の関連情報