エクレア(英語表記)éclair

翻訳|eclair

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エクレア
éclair

菓子一種。生クリームまたはカスタードクリームをはさんだ,細長いシュー皮の上にチョコレートを掛けたもの。ラテン語の exclarare (稲妻) が語源で,シュー皮の表面にできる割れ目が稲妻に似ていることによる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

エクレア【éclair】

細長く作ったシュークリームの上面にチョコレートを塗った洋菓子。エクレール。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エクレア
えくれあ
clairフランス語

洋生菓子。細長いシュークリームの上にチョコレートやチョコレートフォンダンをかけたもの。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のエクレアの言及

【シュークリーム】より

…焼き上がった皮を切り,あるいは側面に穴をあけて,中の空洞にクリーム類を詰める。変形のものとしては,細長く焼いてクリーム類を詰め,表面にチョコレートをかけたエクレアéclair,白鳥や花かご形に仕上げたもの,一口大のプチシュー,プチシューをパイの周囲に王冠状に飾ったサントノーレsaint‐honoré,たくさんのシュークリームをピラミッド形に積み上げたクロカンブッシュcroquemboucheなどがある。
[作り方]
 シュー生地は,基本分量(約15個分)として,なべに水または牛乳250cc,バター90g,塩少々を入れて火にかけ,沸騰したら下ろしてよくふるった強力粉125gを一度に加えて手早く混ぜる。…

※「エクレア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エクレアの関連情報