コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エスキモー語 エスキモーごEskimo language

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エスキモー語
エスキモーご
Eskimo language

エスキモー=アレウト語族の一つ。グリーンランドからアラスカ南部にかけて話されている。グリーンランドおよびカナダ北極地帯のイヌック方言と,アラスカおよびシベリアのユック方言に2分できる。それぞれ約6万 8000人,1万 6000人の話し手をもつ。グリーンランドのエスキモー語とアラスカのそれとの差はかなり大きい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

エスキモー語【エスキモーご】

エスキモーおよびイヌイットの言語。アメリカ・インディアン諸語の中でアレウト語とエスキモー・アレウト語族を形成する。グリーンランドからカナダ,アラスカ,チュクチ半島にかけて約10万人に話される。
→関連項目旧アジア諸語

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エスキモーご【エスキモー語 Eskimo】

エスキモー・アレウト語族に属し,シベリアのチュコート半島,南西および北アラスカ,カナダ極北(ラブラドルを含む),グリーンランドで約8万(1982推定)のエスキモーが話す5ないし6の言語の総称。話者の数でいえば,チュコート半島には少なく,北アメリカ大陸北辺とグリーンランドが語域の中心である。18世紀以来,白人との接触の結果,ヨーロッパ系言語に蚕食されてきてはいるが,全体としてはいまも大きな活力をもつ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エスキモー語
えすきもーご

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

エスキモー語の関連キーワードアメリカ・インディアン諸言語エスキモー=アレウト語族アメリカインディアン諸語北アメリカインディアンエスキモーアレウト語族セイウチ(海象)ラスムッセンアリュート語アリュートアレウト族ウミヤック人類言語学アノラックイグルーカヤック宮岡伯人ヌーク

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android