コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エスピナス エスピナス Espinas, Alfred Victor

2件 の用語解説(エスピナスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エスピナス
エスピナス
Espinas, Alfred Victor

[生]1844
[没]1922
フランスの哲学者。社会構造を科学的に研究。 1893年からソルボンヌ大学社会経済学を講義。動物社会の社会学を提唱した。主著"Sociétés animales" (1877) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エスピナス
えすぴなす
Alfred Victor Espinas
(1844―1922)

フランスの社会学者、哲学者。サン・フロランタンに生まれ、エコール・ノルマル・シュペリュール(高等師範学校)を卒業後、ドゥエ大学(1878~1880)、ボルドー大学(1880~1894)、ソルボンヌ大学(1894~1918)の教授を歴任した。主著の一つ『動物社会』(1877)は、パリ大学文学部に提出された学位論文。本書は、社会が契約的構造でなく、協業・分業・機能の委任などのような自然法則に服する組織化された生きた実体であることを示そうとした。その後、有機体論と進化論との彼独自の総合が社会学に唯一の可能な科学的基礎を提供しうると主張し、『技術の起源』(1897)では、人間の意志の具現としての道具の文化的重要性を強調し、技術が文化に及ぼす影響を論じた。[古賀英三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エスピナスの関連キーワード階乗NエヌN末端残基Bel Geddes,N.Diaz de la Peña,N.Gerhaert van Leyden,N.Jānībeg KhānJānībek KhānPoliteia tōn Romaiōn

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone