コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エスピナス エスピナスEspinas, Alfred Victor

2件 の用語解説(エスピナスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エスピナス
Espinas, Alfred Victor

[生]1844
[没]1922
フランスの哲学者。社会構造を科学的に研究。 1893年からソルボンヌ大学社会経済学を講義。動物社会の社会学を提唱した。主著"Sociétés animales" (1877) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エスピナス
えすぴなす
Alfred Victor Espinas
(1844―1922)

フランスの社会学者、哲学者。サン・フロランタンに生まれ、エコール・ノルマル・シュペリュール(高等師範学校)を卒業後、ドゥエ大学(1878~1880)、ボルドー大学(1880~1894)、ソルボンヌ大学(1894~1918)の教授を歴任した。主著の一つ『動物社会』(1877)は、パリ大学文学部に提出された学位論文。本書は、社会が契約的構造でなく、協業・分業・機能の委任などのような自然法則に服する組織化された生きた実体であることを示そうとした。その後、有機体論と進化論との彼独自の総合が社会学に唯一の可能な科学的基礎を提供しうると主張し、『技術の起源』(1897)では、人間の意志の具現としての道具の文化的重要性を強調し、技術が文化に及ぼす影響を論じた。[古賀英三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

エスピナスの関連キーワード曲芸ブラジル文学クニッピング宮嶋資夫宗谷本線日本共産党井関隆子武田秀平平手造酒弘化

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone