コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エゾボラ エゾボラ Neptunea polycostata; neptune whelk

3件 の用語解説(エゾボラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エゾボラ
エゾボラ
Neptunea polycostata; neptune whelk

軟体動物門腹足綱エゾバイ科。俗にマツブともいう。殻高 15cm,殻径 10cm。殻は厚質堅固,紡錘形。螺塔は円錐形で体層は大きい。殻表は黄褐色で,肩には角張った突起列があり,全面に螺肋がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

エゾボラ

 [Neptunea polycostata].バイ目バイ亜目の巻貝.ツブの一種.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エゾボラ
えぞぼら / 蝦夷法螺
Neptune whelk
[学]Neptunea polycostata

軟体動物門腹足綱エゾバイ科の巻き貝。卵嚢(らんのう)はホオズキの一種。東北地方、日本海北部からオホーツク海に分布し、水深50~200メートルの海底にすむ。殻高15センチメートル、殻径10センチメートルぐらいで、螺塔(らとう)は円錐(えんすい)形に高まり、体層は大きく膨らむ。殻表は淡褐色で、成長脈はやや角張った肩でひれ状に高く発達する。また、螺肋(らろく)もある。殻口は黄橙(おうとう)色の広い卵形で、すこし下方に延びる水管溝がある。蓋(ふた)は卵形の革質で厚く、褐色を帯び、核は下端にある。肉は食用にするが、唾液腺(だえきせん)に毒があるので、その部分は除かないと中毒することがある。北太平洋からベーリング海にかけて近似種が多く、いずれもツブと総称され、海底にツブ籠(かご)(籠網の一種、バイ籠ともいう)を設置して漁獲される。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のエゾボラの言及

【ヒメエゾボラ(姫蝦夷法螺)】より

…したがって料理では唾液腺を取り除く。エゾボラN.polycostataをマツブ,カラフトエゾボラN.eulimataをシオツブといい,いずれも食用にするが,これも唾液腺にテトラミンを含んでいる。【波部 忠重】。…

※「エゾボラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エゾボラの関連キーワードエゾバイオオエッチュウバイカガバイ蝸牛軟体動物ヒメエゾボラ後鰓類前鰓類象水母軟体類

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エゾボラの関連情報