コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エゾヤチネズミ Clethrionomys rufocanus bedfordiae; Yezo red-backed vole

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エゾヤチネズミ
Clethrionomys rufocanus bedfordiae; Yezo red-backed vole

齧歯目ネズミ科。体長 10~13cm,尾長 4.5~5.5cm。背はココア色下面はばら色を帯びた白色。冬毛は長く,くすんだ色になる。低地草原に多いが,高地森林にも生息する。草類,ササなどを好むが,植林地のカラマツなどの若木も食べるので,害獣として問題になっている。北海道,千島列島南部に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エゾヤチネズミ
えぞやちねずみ / 蝦夷野地鼠
grey red-backed vole
[学]Clethrionomys rufocanus bedfordiae

哺乳(ほにゅう)綱齧歯(げっし)目キヌゲネズミ科の動物。北海道に広く分布する。頭胴長11センチメートル。草食性で、冬は植林木の樹皮や根を食べる。春から夏にかけて1産3~7子を産む。[宮尾嶽雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のエゾヤチネズミの言及

【ヤチネズミ(谷地鼠)】より

… 日本には北海道に5種が分布する。もっとも広く生息しカラマツの植林地などに大害を及ぼすエゾヤチネズミC.rufocanus bedfordiae,おもに高山の森林にすむ小型で美しいミカドネズミC.rutilus mikado,高山のお花畑や谷あいの草地などにミヤマムクゲネズミC.montanus,利尻・礼文島には草原にシコタンヤチネズミC.sikotanensis,その森林には世界でもっとも大きなヤチネズミであるリシリムクゲネズミ(ムクゲヤチネズミ)C.rexがみられる。なお,上記のうち2種にムクゲネズミの名があるが,これはヤチネズミ属特有の体背面の赤色の縦帯をほとんど欠き,体毛がむく毛状のため,一見して他と区別可能なためである。…

※「エゾヤチネズミ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エゾヤチネズミの関連キーワードブレーキストン線谷地鼠・野地鼠マンモスゾウキタキツネノネズミ谷地鼠野鼠

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android