エドワード4世(読み)エドワードよんせい(英語表記)Edward IV

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「エドワード4世」の解説

エドワード4世
エドワードよんせい
Edward IV

[生]1442.4.28. ルーアン
[]1483.4.9. ウェストミンスター
イギリス,ヨーク朝初代のイングランド王 (在位 1461~70,71~83) 。ヨーク家リチャード (ヨーク〈公〉 ) の長男に生れ,1460年父がウェークフィールドで殺害されたのち,ヨーク家の王位継承権の主張を受継いでバラ戦争を戦い抜き,ランカスター家ヘンリー6世を追放して王位についた。その後ヨーク派内部に分裂が生じ,ランカスター派に乗じられ,70年王位を追われたが,翌年復位した。王権強化のために財政や行政を改革,ヨーロッパ列強と結んだ通商条約によって,海外貿易の発展にも貢献した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典「エドワード4世」の解説

エドワード4世

生年月日:1442年4月28日
イングランド王(在位1461〜83)
1483年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報