コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エニセイ碑文 エニセイひぶん Enisei inscriptions

2件 の用語解説(エニセイ碑文の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エニセイ碑文
エニセイひぶん
Enisei inscriptions

シベリアエニセイ川上流域,北西モンゴル高原で発見されたルーン文字に似た突厥文字の碑文。現在約 70を数えるが,次々に新しく発見されつつある。大部分は,突厥の北方にいたキルギス民族の王侯たちの墓誌銘である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エニセイ碑文
えにせいひぶん

南シベリアのエニセイ川上流および西北モンゴルで発見された古代トルコ語碑文。5~9世紀にこの地方に居住したキルギス民族の地方的支配者の墓碑(ごく少数は岩壁にも刻まれている)で、短文が多く、死者自身が自らの生前の功績を述べ、自分の死を悲しむという独特の形式をとっている。この形式は、死者(死霊)がシャーマンの口を通じて一人称で語る伝統に由来するものと思われる。突厥(とっけつ)文字で記されているが、オルホン碑文のそれと字体を異にするものがあるのは、主として地域的差異に基づくのであろう。現在100片以上みつかっているが、新しいものが続々発見されつつある。[護 雅夫]
『護雅夫著『古代トルコ民族史研究』(1967・山川出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のエニセイ碑文の言及

【キルギス族】より

…6世紀半ばごろ,突厥(とつくつ)第一帝国の3代木杆可汗の弟,地頭可汗に併合され,急速にトルコ化が進行したもようである。突厥文字を使っていわゆるエニセイ碑文を残したものもキルギス族であった(突厥碑文)。8世紀初め,彼らは突厥第二帝国の2代可汗黙綴によって討たれたが,この間の事情はキョル・テギンKöl Tegin碑文などの突厥碑文によってもqïrqïzの名と共に知られる。…

【突厥碑文】より

…突厥文字で刻まれた碑文はほかにも,ウイグル帝国時代のものや,エニセイ川上流で発見された小さな碑文群があるが,これらをも突厥碑文ということがある。エニセイ川の碑文は一般にはエニセイ碑文と呼ばれ,先のビルゲ・ハガン碑文などに与えられたオルホン碑文という別名と区別される。しかしエニセイ碑文の碑面の作成年代に関しては,これをオルホン碑文より古いとする説と新しいとする説の2通りがある。…

※「エニセイ碑文」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エニセイ碑文の関連キーワードアバカンエニセイ川エベンキ族シベリアンハスキーアンガラ[川]エニセイ[川]グラーネシベリア台地タシュティク文化中央シベリア高原

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone