エノキタケ(榎茸)(読み)エノキタケ(英語表記)Flammulina velutipes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エノキタケ(榎茸)
エノキタケ
Flammulina velutipes

担子菌類マツタケ目シメジタケ科。晩秋から春にかけて,エノキ,カキ,ポプラその他の広葉樹の枯れた株に発生する。したがって種々の広葉樹の材を切り,榾木 (ほたぎ) として栽培することができる。最近はオガクズを使って工場生産が盛んに行われている。傘は初めまんじゅう形,のちに平らに開く。径2~8cm,表面は湿っているとき粘性があり,黄褐色ないしくり色で中央が濃く,縁近くは淡い色をしている。裏面には白いひだがある。柄は硬く,太さ2~8mm,長さ2~8cmで,濃い褐色で短い毛が密生している。胞子紋は白い。食用キノコとして普及している。日本全土に産し,北アメリカ,ヨーロッパ,オーストラリア,中国,シベリアに広く分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エノキタケ【エノキタケ(榎茸) Flammulina velutipes (Fr.) Karst.】

担子菌類キシメジ科のキノコ(イラスト)。冬季に発生するところからwinter mushroomとよばれ,ユキノシタユキモタセの異名もある。野生の子実体では,かさははじめ半球形,のちまんじゅう形に開き,径2~8cm。表面は粘性があり黄褐色,周辺部は淡色。ひだは白色でやや疎。茎は繊維質で強靱,暗褐色で短い密毛におおわれる。胞子は楕円形~円柱形,5~7.5μm×3~4μm。人工栽培では,普通おがくず培地により瓶を用いて暗所で栽培されるので,育ったキノコは白色でもやし状になる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のエノキタケ(榎茸)の言及

【キノコ(菌∥蕈∥茸)】より

…第2は木粉栽培(菌床栽培,おが粉栽培)で,木粉と米ぬかとを体積比3対1で混ぜてプラスチック製の瓶に入れ,高圧蒸気で殺菌したものを培地に使う方法である。長野県中野市を中心にエノキタケ栽培で開発,発展した。エノキタケでは培地に種菌を接種後,18℃の部屋に20日おいて菌をまんえんさせてから,13℃の部屋へ移してキノコを発生させる。…

※「エノキタケ(榎茸)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android