エブロ川(読み)エブロがわ(英語表記)Ebro

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エブロ川
エブロがわ
Ebro

ラテン語ではイベルス Iberus。イベリア半島の五大河川のうち,地中海に注ぐ唯一のもの。全長 910km,スペイン国土の約6分の1の流域面積 (8万 5500km2) をもつ。カンタブリカ山脈に源を発し,ピレネー山脈南側の水を集め,南東に流れてタラゴナ県三角州にいたる。アロまでは急流,トゥデラにいたって水量の豊富な支流が合流する。 200以上の支流があるが,ピレネー山脈側の支流のほうが水量は豊富。水力発電,灌漑に利用され,最大のダムは本流の最上流部,レイノーサに近いエブロ・ダムである。トゥデラから下流,サラゴサまでの川の右岸は,カルロス1世 (カルル5世) の時代に造られた水路によって灌漑されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エブロ川
えぶろがわ
Ebro

スペイン北東部の川。カンタブリカ山脈中の標高870メートルに発し、ピレネー山脈の南麓(なんろく)を南東流して地中海に注いでいる。長さ910キロメートル、流域面積8万3000平方キロメートルで、ともにイベリア半島第2位である。水位の変化が大きいが、貯水池や運河の建設により15万ヘクタールを灌漑(かんがい)し、穀物、果樹、野菜などの栽培を助けている。またピレネー山脈の山麓を流下する支流、とくにセグレ川流域における水力発電は重要である。外航船はトルトサまで、小さな船はトゥデラまで航行可能である。[田辺 裕・滝沢由美子]

歴史

スペイン屈指の広い流域と豊富な水量を誇るエブロ川は、古くから水車の動力と水運に使われ、アラゴンの穀物をカタルーニャへ運ぶ重要な水路であった。農耕地が拡大し、運送量も増えた16世紀になると、流域の運河計画がおこり、とりわけ18世紀カルロス3世はこれを国家的事業とした。1852年王立運河開発公社が設立され、さらに20世紀に入りホアキン・コスタの開発計画へと進展する。「スペインのナイル川」といわれるほど、灌漑と発電に大きな役割を果たしている。[丹羽光男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エブロ川の関連情報