コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エミールと探偵たち エミールとたんていたち

百科事典マイペディアの解説

エミールと探偵たち【エミールとたんていたち】

ケストナーの少年小説。1928年作。いなかの少年エミールの金をとった犯人をベルリンの少年少女たちが協力して追いつめ,つかまえる。少年群の描写は生き生きとしてユーモラス。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉の解説

エミールとたんていたち【エミールと探偵たち】

《原題、〈ドイツ〉Emil und die Detektive》ドイツの詩人・小説家、ケストナーによる児童文学作品。1929年刊行。ノイシュタットからベルリンの祖母の家を訪ねる途中の列車で金をすられた少年エミールが、ベルリンの町の少年たちの協力を得て泥棒を捕まえる冒険譚。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エミールと探偵たち
えみーるとたんていたち
Emil und die Detektive

ドイツの作家ケストナーの少年小説。1928年発表。児童文学作品の処女作。小都市ノイシュタットに母と2人で住む少年エミールは、休暇を利用してベルリンのおばあさんにお金を届けに行く。汽車の中で居眠りしているうち、同室の男に、ピンでポケットに留めておいた紙幣を盗まれる。ベルリンに着いたエミールは、多くの少年少女の助けを得て泥棒を追い詰め、紙幣にあいていたピンの穴を証拠に、みごと犯人を捕らえる。その男は銀行破りだった。ユーモア、子供の心理と生活への理解と洞察、サスペンスの盛り上げ、快調なテンポなど、作者の優れた特質は、すでに遺憾なく、この処女作に発揮されている。続編『エミールと三人のふたご』もあり、その後の一連の作品によってケストナーは児童文学作家としても名声を得た。[関 楠生]
『高橋健二訳『ケストナー少年文学全集1 エーミールと探偵たち』(1962・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

エミールと探偵たちの関連キーワードエーリヒ ケストナー冒険小説

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android