コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エリュシオン Elysion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エリュシオン
Elysion

ギリシア神話の楽園。神々に特別祝福された人間たちが死後の生をおくる場所。世界の西のはてのオケアノスの流れの岸辺にある野原で,ラダマンチュスが支配し,雪も嵐もなく,常に西風が吹く,人間にとって最も住みよい場所であるという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

エリュシオン(Ēlusion)

ギリシャ神話で、神々に愛された人々が死後に幸福な生活を送る野。「幸福(者)の島」ともいわれる。エリジウム

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

エリュシオン【Ēlysion】

古代ギリシア人が想像した楽園。ホメロスによれば西方大地の果て,オケアノスの流れの近くにあり,気候温暖,芳香に満ちる。〈至福者の島〉とも呼ばれ,神々に嘉(よみ)せられた英雄が送られた。後には行いの正しい人間が死後に移り住む冥界の一部と考えられた。ベートーベンが第九交響曲に用いたシラーの《歓喜に寄す》にもエリュジウムElysiumとラテン語に由来する形で現れる。フランス大統領官邸エリゼ宮Élyséeの名もこれにちなむ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

エリュシオン【Ēlysion】

ギリシャ神話で、神々に愛された人々が死後に住む楽園。ヘシオドスはここを「至福者の島」と呼び、ホメロスでは西の果ての野原などとされ、またウェルギリウスでは地下の冥界にあるとされた。 〔ローマ神話ではエリジウム。フランスの「エリゼ宮」や「シャンゼリゼー」という名称はこの語にちなむ〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のエリュシオンの言及

【ハデス】より

… 古代ギリシア人の考えによれば,死者の亡霊はまずヘルメスによって冥界の入口にまで導かれ,ついで生者と死者の国の境の川ステュクスまたはアケロンを渡し守の老人カロンに渡されたあと,三つ頭の猛犬ケルベロスの番するハデスの館で,ミノス,ラダマンテュス,アイアコスの3判官に生前の所業について裁きを受ける。その結果,多くの亡霊はアスフォデロス(不花)の咲きみだれる野にさまようことになるが,神々の恩寵めでたき英雄や正義の人士はエリュシオンの野(古い伝承では,はるか西方の地の果て,のちに冥界の一部と考えられた)に送られて至福の生を営む一方,シシュフォスやタンタロスのごとき極悪人はタルタロスなる奈落へ押しこめられ,そこで永遠の責め苦にあうものと想像された。【水谷 智洋】。…

【楽園】より

…またチベットその他の山中のいわゆる秘境が,〈山中楽園〉のイメージを添えて宣伝されることも少なくない。いっぽうパリの大通りシャンゼリゼは〈エリュシオンの野〉から由来しており,ギリシアの楽園神話にもとづく命名であるし,世界の各都市の歓楽街に〈エデン〉〈シャングリラ〉などのネオンがまたたく光景は,人間の楽園願望が不変であることを裏書きしているだろう。庭園天国ユートピア【川崎 寿彦】。…

※「エリュシオン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エリュシオンの関連キーワードウェルギリウスメネラオスハルモニアカドモス楽園神話ヘレネ

今日のキーワード

へうげもの

日本のテレビアニメ。放映はNHK(2011年4月~2012年1月)。原作:山田芳裕による漫画作品。制作:ビィートレイン。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android