コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルエスコリアル修道院 エルエスコリアルしゅうどういんMonasterio de El Escorial

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エルエスコリアル修道院
エルエスコリアルしゅうどういん
Monasterio de El Escorial

スペイン,マドリードの北西約 40kmの町,エルエスコリアルにある王宮修道院が結合した建築複合体。対仏戦争で修道院を焼き払ったフェリペ2世が,その贖罪として建てた。 1563年 V.トレドが起工,その死後助手の J.B.エレラが継いで 1584年完成。華美な装飾を避けた,簡素で荘重な建築 (デソルナメンタド様式 ) である。その配置形式は,基本的に王宮建築から生まれたもので,トレドのアルカサルが模範といわれている。聖堂はギリシア十字形で,バチカン市国のサン・ピエトロ大聖堂を模倣し,その祭壇画はイタリアのマニエリスム画家ティバルディと L.カンビアーゾらが制作した。 1688年コエリョが祭具室の祭壇画を完成し,ジョルダーノは聖堂の穹窿部を装飾。ゴヤのタペストリーもある。 1984年世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

エルエスコリアル‐しゅうどういん〔‐シウダウヰン〕【エルエスコリアル修道院】

《〈スペインEscorial》スペイン、マドリード郊外にある建造物。1563年にフェリペ2世が建設を命じたもので、南北207メートル、東西162メートルの敷地に、王宮、聖堂、修道院、図書館などが配置されており、聖堂の地下には国王の墓所がある。1984年に「マドリードのエルエスコリアル修道院とその遺跡」として世界遺産(文化遺産)に登録された。エスコリアル。エスコリアル修道院。サン‐ロレンソ‐デル‐エスコリアル僧院。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

エルエスコリアル修道院の関連キーワードサンロレンソデエルエスコリアルインディアス古文書館ルネサンス史(年表)エル・エスコリアルエル・グレコスペイン美術エレラ様式リバルタフェリペソレル

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android