コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルエスコリアル修道院 エルエスコリアルしゅうどういんMonasterio de El Escorial

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エルエスコリアル修道院
エルエスコリアルしゅうどういん
Monasterio de El Escorial

スペイン,マドリードの北西約 40kmの町,エルエスコリアルにある王宮と修道院が結合した建築複合体。対仏戦争で修道院を焼き払ったフェリペ2世が,その贖罪として建てた。 1563年 V.トレドが起工,その死後助手の J.B.エレラが継いで 1584年完成。華美な装飾を避けた,簡素で荘重な建築 (デソルナメンタド様式 ) である。その配置形式は,基本的に王宮建築から生まれたもので,トレドのアルカサルが模範といわれている。聖堂はギリシア十字形で,バチカン市国サン・ピエトロ大聖堂を模倣し,その祭壇画はイタリアマニエリスム画家ティバルディと L.カンビアーゾらが制作した。 1688年コエリョが祭具室の祭壇画を完成し,ジョルダーノは聖堂の穹窿部を装飾。ゴヤのタペストリーもある。 1984年世界遺産の文化遺産に登録。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

エルエスコリアル‐しゅうどういん〔‐シウダウヰン〕【エルエスコリアル修道院】

《〈スペインEscorial》スペイン、マドリード郊外にある建造物。1563年にフェリペ2世が建設を命じたもので、南北207メートル、東西162メートルの敷地に、王宮、聖堂、修道院、図書館などが配置されており、聖堂の地下には国王の墓所がある。1984年に「マドリードのエルエスコリアル修道院とその遺跡」として世界遺産(文化遺産)に登録された。エスコリアル。エスコリアル修道院。サン‐ロレンソ‐デル‐エスコリアル僧院。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

エルエスコリアル修道院の関連キーワードインテリジェントクルーズコントロール九寨溝ニームマラソン宮城県沖の地震(2005年8月の)兵庫県南部地震十勝沖地震(2003年9月の)恐竜絶滅説恐竜のスピードトライアスロン

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone