コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルクアイランド国立公園 エルクアイランドコクリツコウエン

デジタル大辞泉の解説

エルクアイランド‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【エルクアイランド国立公園】

Elk Island National Park》カナダ、アルバータ州中部の都市、エドモントンの近郊にある国立公園。1906年、絶滅の危機にあったエルクを保護することを目的に設立。同国最古の野生動物保護区として知られ、エルクのほかに、バイソンムース、ビーバーなどが生息する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

エルクアイランドこくりつこうえん【エルクアイランド国立公園】

カナダのアルバータ州の州都エドモントンにある公園。エドモントンの東方約45kmに位置し、1906年に設立された、同国で最初の国立野生動物保護区である。規模は北アメリカ最大で、広大な丘陵(きゅうりょう)や湖沼(こしょう)地帯が広がり、自然観察路はおよそ100kmに及ぶ。園内には、ムース(ヘラジカ)やエルク(大角鹿)、バイソン(バッファロー)をはじめ、44種の哺乳類と230種の野鳥、450種の植物が生息している。また、園内ではハイキングや釣り、キャンプ、ゴルフ、クロスカントリーなども楽しめ、カナダの大自然を満喫できる。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

エルクアイランド国立公園の関連キーワード湖沼

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android