コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルランゲン・プログラム Erlangen program

1件 の用語解説(エルランゲン・プログラムの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

エルランゲン・プログラム【Erlangen program】

ドイツの数学者F.クラインは,1872年エルランゲン大学教授就任に際し,幾何学についての見解を含む研究計画を発表し,この中で,幾何学の底流にある本質を見抜いて,当時までの種々の幾何学を統一的観点から論じ,〈幾何学とは,空間とその上に作用する変換群を与えて,その変換群に属するどの変換によっても不変に保たれるようなその空間の図形の性質を研究する学問である〉と主張した。この主張を今日では簡単にエルランゲン・プログラムと呼んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のエルランゲン・プログラムの言及

【幾何学】より

…上に述べたように,19世紀の中葉にはいろいろの幾何学が存在していたが,クラインは1872年にこれらを群の立場から統一的に論じた。これが有名なエルランゲン・プログラムと呼ばれるものである。彼はそこで,各幾何学は一つの点集合である空間Sとその上の変換群Gによって定まり,その幾何学で研究されるのはSにおける図形の性質でGに属する各変換で不変なものであるとした。…

【クライン】より

…業績は数学のほとんど全分野にわたるが,射影幾何学と保型関数の理論における貢献がとりわけ大である。とくに,今日《エルランゲン・プログラム》(1872)と呼ばれている論文は有名である。これは当時まで知られていたいろいろの幾何学を,群論の立場から鳥瞰(ちようかん)して総合したもので,その後の幾何学の発展に大きな影響を与えた。…

※「エルランゲン・プログラム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

エルランゲン・プログラムの関連キーワード富岡製糸場竹本長十郎マレー吉沢検校(2代)ダヴィデゴンブルサ事件清水喜助アルルの女小樽(市)果樹園芸

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone