エントリーシート(読み)えんとりーしーと

日本大百科全書(ニッポニカ)「エントリーシート」の解説

エントリーシート
えんとりーしーと

応募用紙、申込書を意味する製英語。略称ES。企業が就職希望者向けに志望動機パーソナリティーなどに関する質問をまとめた用紙をさすことが多い。提出されたESは、書類審査や面接における選考で用いられる。電機メーカーのソニーが、1991年度(平成3)に学校名不問の採用試験を導入するにあたり、新たな選考手段の一つとして採用したとされる。その後、就職試験で多くの企業に採用され、求人活動において、なくてはならない書類の一つになっている。

 一定の書式に従って記入する履歴書と比べると、その質問内容は企業により多様である。自己PRと志望動機について、就職希望者自身の自己分析を促しながら質問する内容が中心になっていることが多い。企業の経営などに関して、受験する側の学生らしい視点に立った意見を求めるなど、ユニークな質問をすることで、就職希望者の素顔を知ろうとするものも少なくない。一方で、多数の企業の就職試験を受ける学生にとっては、個々の企業から異なる質問を受け、これに対する回答を用意することは負担が大きく、多大な労力がかかるため学業の妨げになりかねないなどといった問題も指摘されている。

[編集部 2016年7月19日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

就活用語集(就活大百科 キーワード1000)「エントリーシート」の解説

エントリーシート

選考の一つの方法としてエントリーシート(ES)を提出させる企業が増えています。ESとは「書面で受ける面接」のようなもので、インターネットで応募してくるたくさんの学生を絞り込むために、説明会や筆記試験、面接の前に行う企業がほとんどですが、説明会終了後にそのでESを書かせる企業もあります。ESで特に重要なのは自己PRと志望動機の。「なぜその企業を志望するのか」「その企業でどんなことをしてみたいのか」などを、具体的に書かせ、その内容によって書類選考が行われたりもします。また、すべての質問で、「この学生はどんな長所短所があって、何がしたいのか」が問われていると考えていいでしょう。選考で通過できるよう、企業研究してESを書くというのは、たいへん労力がかかりますが、就職のチャンスを少しでも広げたいという場合は、興味がある企業には積極的にESを提出したほうがいいでしょう。

出典 マイナビ2012 -学生向け就職情報サイト-就活用語集(就活大百科 キーワード1000)について 情報

デジタル大辞泉「エントリーシート」の解説

エントリー‐シート

《〈和〉entry+sheet》企業が就職希望者に提出させる人物調書。学歴職歴・取得資格など通常の履歴項目のほかに、自己PR、志望動機など独自の質問について記入させる。ES。
[補説]平成3年(1991)ソニーが初めて採用したといわれる。オープンな方法として急速に広まった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android