コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンパイア・ステート・ビル エンパイア・ステート・ビルEmpire State Building

2件 の用語解説(エンパイア・ステート・ビルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エンパイア・ステート・ビル
Empire State Building

アメリカ合衆国,ニューヨークマンハッタン 5番街 34丁目にある超高層建築。設計担当業者はシュリーブ・ラム・アンド・ハーモン。 1931年完工。高さは 381m。 1954年まで世界で最も高いビルだった。 1950年この上に,68mのテレビアンテナが設置され,高さ 449mとなった。 1985年アンテナ交換により 443mになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

エンパイア・ステート・ビル

米国,ニューヨークマンハッタン33〜34番街にある超高層建築。摩天楼の代表的な例。シュリーブ・ラム・アンド・ハーマン建築事務所の設計により,1931年に完成。
→関連項目アール・デコウォーホルニューヨーク

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エンパイア・ステート・ビルの関連情報