エンリケス(英語表記)Federigo Enriques

世界大百科事典 第2版の解説

エンリケス【Federigo Enriques】

1871‐1946
イタリアの数学者,科学哲学者。1891年ピサ大学を卒業,96年より1923年までボローニャ大学教授,23年以降ローマ大学教授を歴任。しかし38年から44年までのファシスト体制下ではみずからその地位を辞した。G.カステルヌオーボ,F.セベリらとともにいわゆるイタリア幾何学派を形成し,1893年より代数幾何学に関する論文を多数発表,代数曲線についての知識の拡大に貢献した。数学研究のかたわら,数学基礎論,科学哲学の諸問題に取り組み,数学的・科学的概念の明晰(めいせき)化に努めた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エンリケスの関連情報