コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンリケス Federigo Enriques

世界大百科事典 第2版の解説

エンリケス【Federigo Enriques】

1871‐1946
イタリアの数学者,科学哲学者。1891年ピサ大学を卒業,96年より1923年までボローニャ大学教授,23年以降ローマ大学教授を歴任。しかし38年から44年までのファシスト体制下ではみずからその地位を辞した。G.カステルヌオーボ,F.セベリらとともにいわゆるイタリア幾何学派を形成し,1893年より代数幾何学に関する論文を多数発表,代数曲線についての知識の拡大に貢献した。数学研究のかたわら,数学基礎論,科学哲学の諸問題に取り組み,数学的・科学的概念の明晰(めいせき)化に努めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エンリケスの関連キーワードキリスト教社会党[エクアドル]サンビセンテデフォーラ教会コインブラの旧カテドラルフランチェスコ セベリギド カステルヌオーボアフォンソ[1世]サンタクルス修道院デジタルタトゥーブラガンサ公爵館ギマランイス城リスボン大聖堂ギマランイスポルトガル史国土回復運動パルメラ城ポルトガルオロツコオビドスハラパ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エンリケスの関連情報