コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オアハカ文化 オアハカぶんか

世界大百科事典 第2版の解説

オアハカぶんか【オアハカ文化】

メキシコ,オアハカOaxaca州を中心に展開したサポテカ文化ミシュテカ文化をいう。サポテカ文化は,モンテ・アルバン遺跡を中心に,前7世紀ころオルメカ文化の影響を受けつつ誕生した。この初期サポテカ文化は〈踊る人〉と称する石彫からその性格の一部を知ることができる。この特異な浮彫にすでに棒と点による数表記と文字を組み合わせた碑文がみられること,ペルーのセロ・セチン遺跡の石彫との類似などは,この文化の重要性の一端を示している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オアハカ文化の関連キーワードオアハカクイン

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android