コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オアハカ文化 オアハカぶんか

1件 の用語解説(オアハカ文化の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

オアハカぶんか【オアハカ文化】

メキシコ,オアハカOaxaca州を中心に展開したサポテカ文化ミシュテカ文化をいう。サポテカ文化は,モンテ・アルバン遺跡を中心に,前7世紀ころオルメカ文化の影響を受けつつ誕生した。この初期サポテカ文化は〈踊る人〉と称する石彫からその性格の一部を知ることができる。この特異な浮彫にすでに棒と点による数表記と文字を組み合わせた碑文がみられること,ペルーセロ・セチン遺跡の石彫との類似などは,この文化の重要性の一端を示している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オアハカ文化の関連キーワードメキシコ湾メキシコ湾流アメリカメキシコ戦争ニューメキシコメキシコ銀メキシカンモンテアルバンヤグールメキシコ・セットオアハカ歴史地区とモンテ-アルバンの古代遺跡

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone