オイルフェンス(英語表記)oil fence

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オイルフェンス
oil fence

海上で,タンカーなどから漏れが生じたとき,広がらないようにするため一時的に設置する,または浮遊堤。具体的には,発泡スチロール性の筒形浮体物におもりを付けて連結したものや,幕状のビニロン帆布上下に浮体とおもりを付けたものなど,さまざまなタイプのフェンスがある。海洋汚染防止法では 150総t以上のタンカーの所有者,500kl以上の油を保管することのできる施設の設置者および保留施設の管理者に,オイルフェンスの備付けを義務づけている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オイルフェンス【oil fence】

製油所,油槽所などの油保管施設,タンカーおよびタンカー係留施設における事故による流出油の拡散防止,除去の目的で水域に展張する浮体をいう。〈海洋汚染防止法施行規則〉による規格は,(1)寸法は,オイルフェンスAについては本体部の海面上の高さ20cm以上,海面下の深さ30cm以上,接続部の高さ60cm以上,オイルフェンスBについてはそれぞれ30cm,40cm,80cm以上,(2)単体の長さは原則として20m,(3)安定して海面に浮き,流出した油をせき止めることができる構造,(4)単体の長さ方向の引張強さ3000kgf以上,(5)防油壁の主材料の引張強さ30kgf/cm,(6)素材は耐油性,耐水性,保管状態で変化しにくいものと規定されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

オイル‐フェンス

〘名〙 (oil fence) 船などから燃料用や積み荷の油が流れ出した時、それが広がるのを防ぐため水面に設けられる囲い。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報