コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オウギハクジラ オウギハクジラ Mesoplodon stejnegeri; Stejneger's beaked whale

2件 の用語解説(オウギハクジラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オウギハクジラ
オウギハクジラ
Mesoplodon stejnegeri; Stejneger's beaked whale

クジラ目ハクジラ亜目アカボウクジラオウギハクジラ属。体長は約 5.3mに達する。出生体長は推定2~2.5m。体色は黒色で,全身におびただしい数の掻傷と白色傷痕が残るが,特に性的成熟に達した雄に多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オウギハクジラ
おうぎはくじら / 扇歯鯨
Stejneger's beaked whale

哺乳(ほにゅう)綱クジラ目アカボウクジラ科のオウギハクジラ属Mesoplodonの総称、およびそのなかの1種。この属の仲間は、体長4~6メートルの中形のハクジラで、体形はやや側扁(そくへん)した紡錘形である。ハクジラ類でありながら痕跡歯(こんせきし)はあるが下あご中ほどに1対の歯しかみえないのが特徴である。
 和名オウギハクジラMesoplodon stenegeriは、体長6メートルに達し、全身が黒色を帯びる。ベーリング海以南の北太平洋に分布し、日本近海では千葉県犬吠埼(いぬぼうさき)以北の海域に回遊する。生息数はきわめて少ない。[西脇昌治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オウギハクジラの関連キーワードナガスクジラハクジラ類マッコウクジラ赤坊鯨克鯨槌鯨歯鯨鬚鯨アカボウクジラ(赤坊鯨)オオギハクジラ(扇歯鯨)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オウギハクジラの関連情報