コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オウギハクジラ オウギハクジラMesoplodon stejnegeri; Stejneger's beaked whale

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オウギハクジラ
Mesoplodon stejnegeri; Stejneger's beaked whale

クジラ目ハクジラ亜目アカボウクジラ科オウギハクジラ属。体長は約 5.3mに達する。出生体長は推定2~2.5m。体色は黒色で,全身におびただしい数の掻傷と白色傷痕が残るが,特に性的成熟に達した雄に多い。体型は紡錘形で体の中央の体高が最も高い。噴気孔は1個で頭部正中線上にある。背部から吻端に向う傾斜はきわめてなだらかで,嘴 (くちばし) はとがる。背鰭 (せびれ) は体の後方3分の2に位置し,三角形状で先端は後方に傾く。背鰭後方から尾鰭にかけてキール (稜状の隆起) がある。尾鰭の後縁中央はわずかに切れ込む。下顎口角から前方へかけてやや盛上がり,下顎先端から口角までのほぼ中間に1対の板状の歯がある。歯は雄に限り歯根を突き破り高く突出し,高さ 16~17cm,幅約 10cm以上,厚さ約 2.5cmで,先端は前方を向く。通常5~10頭の群れで行動し,イカ類を捕食する。東は南カリフォルニアからベーリング海にかけて,西は日本海南部まで分布し,北太平洋海盆の大陸棚斜面や大洋域に出現する。サケ流し網で混獲される。日本では日本海を中心に本州北部や北海道で漂着例がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オウギハクジラ
おうぎはくじら / 扇歯鯨
Stejneger's beaked whale

哺乳(ほにゅう)綱クジラ目アカボウクジラ科のオウギハクジラ属Mesoplodonの総称、およびそのなかの1種。この属の仲間は、体長4~6メートルの中形のハクジラで、体形はやや側扁(そくへん)した紡錘形である。ハクジラ類でありながら痕跡歯(こんせきし)はあるが下あご中ほどに1対の歯しかみえないのが特徴である。
 和名オウギハクジラMesoplodon stenegeriは、体長6メートルに達し、全身が黒色を帯びる。ベーリング海以南の北太平洋に分布し、日本近海では千葉県犬吠埼(いぬぼうさき)以北の海域に回遊する。生息数はきわめて少ない。[西脇昌治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

オウギハクジラの関連キーワードニュージーランドオウギハクジラヒガシアメリカオウギハクジラタイヘイヨウオウギハクジラタイヘイヨウアカボウモドキヨーロッパオウギハクジラハッブスオウギハクジラペルーオウギハクジラミナミオウギハクジライチョウハクジラアカボウモドキヒモハクジラコブハクジラハクジラ類西脇昌治クジラ扇歯鯨

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android