コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオクボシダ Xiphopteris okuboi (Yatabe) Copel.

2件 の用語解説(オオクボシダの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

オオクボシダ【Xiphopteris okuboi (Yatabe) Copel.】

山地の樹幹や岩上に生じるヒメウラボシ科の常緑性の小さなシダで,日本のものでは大きさが10cmをこえることはまれである(イラスト)。根茎は短く,斜上し,褐色,膜質,披針形で,長さ2mmくらいの鱗片をつける。葉は叢生(そうせい),葉柄は短く,赤褐色の開出毛をつける。葉身は線状披針形,羽状に深裂する。葉脈は単生,または上側に1~2個の支脈をつける。胞子囊群は楕円形,羽片の基部に1個あり,包膜はない。関東南部から西,本州の暖帯から四国,九州に分布し,台湾の高山にもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオクボシダ
おおくぼしだ / 大久保羊歯
[学]Xiphopteris okuboi (Yatabe) Copel.

ヒメウラボシ科の小形の常緑性シダ。根茎は短く、葉は束生し、高さ2~6センチメートル。葉面はやや草質で、羽状深裂し、赤褐色の毛をつける。胞子嚢(ほうしのう)群は円形で、裂片の茎部、支脈の途中につく。和名は、箱根で初めて採集した人の名(大久保三郎)を記念したものである。コケシダ、ムカデシダともいい、関東地方南部以西に分布し、深山の岩上や樹幹にまれに着生する。[栗田子郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オオクボシダの関連キーワード一葉ビロード羊歯豆蔦栗葉蘭高野苔忍獅子蘭軒忍三手裏星瓔珞蘭土佐さめうら

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone