コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオバタン(大巴旦) オオバタン red‐crested cockatoo

1件 の用語解説(オオバタン(大巴旦)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

オオバタン【オオバタン(大巴旦) red‐crested cockatoo】

オウム目オウム科の鳥(イラスト)。別名トキサカオウム。全長約50cm。全身白色の大型のオウム。冠羽は長く,先端が赤く,立てたり伏せたりできる。くちばしと脚は黒色。森林に群れですみ,おもに果実や種子を食べるが,地上に降りて,地中から球根や塊茎をくちばしで掘り出して食べることもある。また,ヤシの若木を強力なくちばしでかみ破り,髄質内部の水を吸ったりもする。繁殖期には,樹洞を巣穴とし,その底に直接2~4個の白い卵を産む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オオバタン(大巴旦)の関連キーワード鸚鵡小町鸚鵡病黄巴旦コニウム海鸚鵡烏秋鸚鵡の杯オウム被害者救済法おうむ偽証するおうむ

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone