コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオバタン(大巴旦) オオバタンred‐crested cockatoo

世界大百科事典 第2版の解説

オオバタン【オオバタン(大巴旦) red‐crested cockatoo】

オウム目オウム科の鳥(イラスト)。別名トキサカオウム。全長約50cm。全身白色の大型のオウム。冠羽は長く,先端が赤く,立てたり伏せたりできる。くちばしと脚は黒色。森林に群れですみ,おもに果実や種子を食べるが,地上に降りて,地中から球根や塊茎をくちばしで掘り出して食べることもある。また,ヤシの若木を強力なくちばしでかみ破り,髄質内部の水を吸ったりもする。繁殖期には,樹洞を巣穴とし,その底に直接2~4個の白い卵を産む。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android