コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セラム島 セラムとうPulau Seram

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セラム島
セラムとう
Pulau Seram

インドネシア,マルク (モルッカ) 諸島中央部にある島。北東岸を除くと全体に山が多く,最高峰はママーラ山 (3019m) 。熱帯雨林が発達する。イネ,トウモロコシ,芋類,サゴヤシが栽培され,狩猟,漁業が行われる。アンボン材と呼ばれる多瘤の硬質材,樹脂,コプラなどを輸出。タバコ,コーヒーのプランテーション農場もあり,北東部のブラには小油田がある。主要港は南岸中部のアマハイ。面積1万 8600km2。人口約 16万。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セラム島
せらむとう
Seram Poelau

インドネシア東部、モルッカ諸島南部の島。セラム海とバンダ海との間に位置する。面積1万7658平方キロメートル。東西に細長く山がちな地形をなす。大部分が密林に覆われ、ゴクラクチョウ、オウム、ウミツバメなどの鳥の生息で知られる。特産物としてダマル樹脂があり、そのほか米、コプラ、サゴヤシなどを産出。鉱物資源にも恵まれ、北東部の中心地ブラ付近には油田があり、ほかにニッケル、ボーキサイト、鉄鉱石なども産出する。島の中央部には最高峰のビナイジャ山(3019メートル)がそびえる。[上野福男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

セラム島の関連キーワードイェンゼン(Adolf Ellegard Jensen)アドルフ・E. イェンセン世界の神話にみる万象の起源アンボン[島]ハイヌウェレイェンゼンアンボン島オオバタンバンダ諸島ミソール島マルク諸島ヒクイドリブル[島]植物崇拝マルク州ワラス線ブル島

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android