コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セラム島 セラムとう Pulau Seram

3件 の用語解説(セラム島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セラム島
セラムとう
Pulau Seram

インドネシア,マルク (モルッカ) 諸島中央部にある島。北東岸を除くと全体に山が多く,最高峰はママーラ山 (3019m) 。熱帯雨林が発達する。イネ,トウモロコシ,芋類,サゴヤシが栽培され,狩猟,漁業が行われる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

セラム‐とう〔‐タウ〕【セラム島】

Pulau Seram》インドネシア東部、モルッカ諸島東部に浮かぶ島。東西に細長く、南のバンダ海と北のセラム海に挟まれる。密林に覆われ、天然樹脂ダマールのほか、サゴヤシココナツを産する。また、ニッケルボーキサイトの鉱山と油田がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セラム島
せらむとう
Seram Poelau

インドネシア東部、モルッカ諸島南部の島。セラム海とバンダ海との間に位置する。面積1万7658平方キロメートル。東西に細長く山がちな地形をなす。大部分が密林に覆われ、ゴクラクチョウオウムウミツバメなどの鳥の生息で知られる。特産物としてダマル樹脂があり、そのほか米、コプラ、サゴヤシなどを産出。鉱物資源にも恵まれ、北東部の中心地ブラ付近には油田があり、ほかにニッケルボーキサイト、鉄鉱石なども産出する。島の中央部には最高峰のビナイジャ山(3019メートル)がそびえる。[上野福男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セラム島の関連キーワードインドネシアインドネシア語派インドネシア海溝タマンミニインドネシアインダーインドネシアの恋唄インドネシア大統領邸宅タマンミニインドネシアガルーダ・インドネシア航空機事故日本のインドネシア占領《インドネシア・ラヤ》