コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオヒカゲ オオヒカゲ Ninguta schrenckii

2件 の用語解説(オオヒカゲの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオヒカゲ
オオヒカゲ
Ninguta schrenckii

鱗翅目ジャノメチョウ科。同科の大型種で,前翅の開張幅は雄で 85mm内外,雌はやや大きい。前・後翅とも幅広い。翅表は薄暗い茶褐色で,前翅先端近くに1小黒点がある。後翅には外縁よりかなり内側に5つの黒紋が並び,中央の小黒紋以外は大きく目立つ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオヒカゲ
おおひかげ / 大日陰蝶
[学]Ninguta schrenkii

昆虫綱鱗翅(りんし)目ジャノメチョウ科に属するチョウ。日本では北海道、本州(青森県より山口県地方まで)に分布するが、四国、九州およびそれ以南には生息しない。外国では朝鮮半島、ロシア連邦の沿海州、中国に分布し、アジア東部の特産種。はねの開張75ミリメートル内外。日本産ジャノメチョウ科ではもっとも大形の1種で、雌雄ともはねの形は丸く、斑紋(はんもん)も特異で、本種に似た近似種はいない。年1回の発生、暖地では6月中旬ないし下旬ごろから、より寒冷地では7月中旬ごろから出現し、叢(そう)間や樹間を飛ぶため採集は容易ではない。樹液によく集まる。幼虫の食草はカヤツリグサ科の各種のスゲ類である。[白水 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オオヒカゲの関連キーワードダイセツタカネヒカゲモルフォチョウ木の間蝶蛇の目蝶キマダラヒカゲ東雲町コジャノメコノマチョウ(木の間蝶)ジャノメチョウ(蛇の目蝶)ヒメジャノメ(姫蛇の目)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone