コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオヒカゲ Ninguta schrenckii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオヒカゲ
Ninguta schrenckii

鱗翅目ジャノメチョウ科。同科の大型種で,前翅の開張幅は雄で 85mm内外,雌はやや大きい。前・後翅とも幅広い。翅表は薄暗い茶褐色で,前翅先端近くに1小黒点がある。後翅には外縁よりかなり内側に5つの黒紋が並び,中央の小黒紋以外は大きく目立つ。裏面は白褐色で,表面の紋にあたるところが蛇の目紋となり,後翅では1つ多く蛇の目紋が配置される。年1化性で,初夏に出現する (寒冷地では少し遅れる) 。日中は普通下草などに止っていて,朝夕の薄暗い頃や,日中でも曇ると飛ぶ。幼虫の食草はカサスゲ,オニスゲなど。チベットから中国,シベリアを経て日本 (北海道,本州) にまで分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオヒカゲ
おおひかげ / 大日陰蝶
[学]Ninguta schrenkii

昆虫綱鱗翅(りんし)目ジャノメチョウ科に属するチョウ。日本では北海道、本州(青森県より山口県地方まで)に分布するが、四国、九州およびそれ以南には生息しない。外国では朝鮮半島、ロシア連邦の沿海州、中国に分布し、アジア東部の特産種。はねの開張75ミリメートル内外。日本産ジャノメチョウ科ではもっとも大形の1種で、雌雄ともはねの形は丸く、斑紋(はんもん)も特異で、本種に似た近似種はいない。年1回の発生、暖地では6月中旬ないし下旬ごろから、より寒冷地では7月中旬ごろから出現し、叢(そう)間や樹間を飛ぶため採集は容易ではない。樹液によく集まる。幼虫の食草はカヤツリグサ科の各種のスゲ類である。[白水 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

オオヒカゲの関連キーワード白水

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android