オカリナ(読み)おかりな(英語表記)ocarina イタリア語

日本大百科全書(ニッポニカ)「オカリナ」の解説

オカリナ
おかりな
ocarina イタリア語

19世紀後半イタリアのジュゼッペ・ドナーティが考案した容器型フルート。「オカ」はガチョウ、「オカリナ」は小さいガチョウを意味する。別名ポテトまたはスイート・ポテト。材質は土、粘土、金属、プラスチック、動物の骨など多様である。吹口(ふきぐち)は中央突出部にあり、内部は容器状の空洞で、8~10個の指孔は音高によって直径を異にする。原則的に8~10度の全音階を奏するが、指の開きぐあいで半音もつくれる。同種楽器には、日本の鳩笛(はとぶえ)、中国にある土製6孔の(けん)、ココナッツ製で鼻で奏されるハワイのイプやホキオキオなどがあり、そのほかヨーロッパ、西アフリカ、南太平洋などにも広く分布している。

[橋本曜子]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「オカリナ」の解説

オカリナ

19世紀イタリアで考案されたとされる風路(ダクト)付き器(うつわ)型フルート。鶏卵を細長くしたような形の楽器で,内部は空洞になっている。土の素焼きのものが多い。中央部に大きな吹が突出し,その付け根に歌口となるがあいている。表に指孔8,裏に親指孔2。あいている指孔の大きさと数が音高を決定する。同種の楽器は世界各地に分布している。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「オカリナ」の解説

オカリナ(〈イタリア〉ocarina)

陶土やプラスチックなどで作った、はとぶえに似た楽器。吹き口と8~10ある指孔のほか開口部はなく、こもったやわらかい音を出す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「オカリナ」の解説

オカリナ

〘名〙 (ocarina) 笛の一種。鳩の形をした焼物で、八~一二個の指穴をもつ閉管。鳩笛ふうの柔らかで、こもった音を出す。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「オカリナ」の解説

オカリナ【ocarina[イタリア]】

陶製の気鳴楽器で,鳩のような形をしている。1860年ごろイタリアのドナティGiuseppe Donatiが考案したとされているが,古くからイタリアでカーニバルのとき子供たちが吹き鳴らした土焼きのホイッスルが原型らしい。今日では,吹口と指穴があって正確な音程を奏すことができ,ソプラノからバスまで各種作られている。同種異形の楽器は世界各地に分布し,郷土玩具の鳩笛も同類のもの。【中村 とうよう】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のオカリナの言及

【笛】より

…管端の1個所を斜めにそいでつくったナイフ・エッジがエア・リードの発生を促すのである。 エア・リードの利用は管以外のさまざまな形をした吹奏楽器にもみられ,オカリナ,郷土玩具の鳩笛がその例である。なお〈フルート〉という言葉を広義に用いれば,これらエア・リード楽器すべてが包括される。…

※「オカリナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android