コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オザナム オザナム Ozanam, Frédéric

3件 の用語解説(オザナムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オザナム
オザナム
Ozanam, Frédéric

[生]1813.4.23. ミラノ
[没]1853.9.8. マルセイユ
フランスの文学史家,カトリック運動主導者。学生時代よりカトリック運動を推進。 1833年ビンセンシオ・ア・パウロ会を創立。 33~34年ラコルデールを起用してノートルダム講演会を行う。 36年法学博士,39年ダンテ論で文学博士となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

オザナム【Antoine‐Frédéric Ozanam】

1813‐53
フランスの歴史家,文学者。ミラノに生まれ,ソルボンヌ大学で法律を学び,かたわら,ラムネーラコルデールに共鳴して,学生層を対象に,時代の不信仰と戦い,カトリック復興運動を積極的に推進した。また,1848年には,ラコルデールと共に,カトリック共和派の新聞《新時代》を創刊し,〈バンサン・ド・ポール会〉の創設者の一人として,社会慈善活動にも貢献している。さらに,語学の才能と百科全書的知識にめぐまれ,リヨン大学商法教授,ソルボンヌ大学外国文学教授を歴任したが,文学の博士論文《ダンテと13世紀カトリック哲学》(1839)は高い評価を得た。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オザナム
おざなむ
Antoine Frdric Ozanam
(1813―1853)

フランスの文学史家。カトリック思想家イタリアのミラノに生まれ、1831年からパリで学ぶ。このころから青少年のカトリック運動に情熱を注ぎ、歴史の公開講座を開くとともに、1833年にキリスト教社会運動のビンセンシオ会を設立。法学と文学の博士号を取得し、リヨン大学商法教授を経て、1841年からパリ大学で外国文学を講じる。中世、ルネサンス期の文化紹介に貢献した。『ダンテ哲学試論』(1839)などの著書がある。[香川知晶]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オザナムの関連キーワードガルノーグーチシャルルボアフュステルドクーランジュ歴史家大クープラン谷岡武雄ねず まさし広瀬哲士福井芳男

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone