オッペンハイム(英語表記)Oppenheim, Lassa Francis Lawrence

  • Lassa Francis Lawrence Oppenheim

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1858.3.30. ビンディッケン
[没]1919.10.7. ケンブリッジ
ドイツ生れのイギリスの法学者。フライブルク (1885) ,バーゼル (91) の各大学の法学教授。 1895年イギリスに渡り,ケンブリッジ大学教授 (1908~19) として国際法を担当した。『国際法雑誌』 Zeitschrift für Völkerrechtを編集し,またその著『国際法』 International Law (2巻,05~06) で広く認められた。同著は,H.ラウターパハトなどによって改訂され,版を重ねた。オッペンハイムはこの書のなかで,実定法主義をとり,国際法と国内法を峻別する二元論の立場を取った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

1858‐1919
第1次大戦前のイギリスの代表的国際法学者。ドイツに生まれ,ドイツの諸大学で法学を教え主に刑法関心をもったが,1895年イギリスに移住,以来国際法に専念,1908年からケンブリッジ大学でJ.ウェストレーク教授の講座を継いだ。彼の名声を世界的にしたのは1905年に第1巻〈平時法〉の部分を出した《国際法》である。翌年の第2巻〈戦時法〉とともに,最も基本的な文献として今日まで利用されており,後継者の手による改訂版が版を重ねてきている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1858年3月30日
ドイツ生まれのイギリスの法学者
1919年

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android