オッペンハイム(英語表記)Oppenheim, Lassa Francis Lawrence

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オッペンハイム
Oppenheim, Lassa Francis Lawrence

[生]1858.3.30. ビンディッケン
[没]1919.10.7. ケンブリッジ
ドイツ生れのイギリスの法学者。フライブルク (1885) ,バーゼル (91) の各大学の法学教授。 1895年イギリスに渡り,ケンブリッジ大学教授 (1908~19) として国際法を担当した。『国際法雑誌』 Zeitschrift für Völkerrechtを編集し,またその著『国際法』 International Law (2巻,05~06) で広く認められた。同著は,H.ラウターパハトなどによって改訂され,版を重ねた。オッペンハイムはこの書のなかで,実定法主義をとり,国際法と国内法を峻別する二元論の立場を取った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オッペンハイム【Lassa Francis Lawrence Oppenheim】

1858‐1919
第1次大戦前のイギリスの代表的国際法学者。ドイツに生まれ,ドイツの諸大学で法学を教え主に刑法に関心をもったが,1895年イギリスに移住,以来国際法に専念,1908年からケンブリッジ大学でJ.ウェストレーク教授の講座を継いだ。彼の名声を世界的にしたのは1905年に第1巻〈平時法〉の部分を出した《国際法》である。翌年の第2巻〈戦時法〉とともに,最も基本的な文献として今日まで利用されており,後継者の手による改訂版が版を重ねてきている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

367日誕生日大事典の解説

オッペンハイム

生年月日:1858年3月30日
ドイツ生まれのイギリスの法学者
1919年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オッペンハイムの関連情報